学び直して,アグリでキャリアアップ! IAFSは21世紀の農業を切り拓く意欲的な農業経営者を育てます

IAFS いわてアグリフロンティアスクール
 「戦略計画」科目
教育プログラム一覧 「経営管理」科目 「経営戦略」科目 「農業生産管理」科目 「6次産業化推進」科目 「農業農村マネジメント」科目 「マーケティング」科目 「現地研修」科目
科目 時間数 担当講師 開催時間 開催場所
教育内容 教育方法
農業経営戦略演習 6 千葉 守(岩手県中央農業改良普及センター上席農業普及員)
松浦貞彦(岩手県中央農業改良普及センター主査農業普及員)
7/19(水)
10-16時 
農学部1号会議室
(農学部1号館2階)
 KJ法やSWOT分析を活用して、グループで経営の現状分析を行い、自らの戦略計画作成に当たっての方法論を習得する。  座講のあとグループに分かれてKJ法やSWOT分析を行い、理解を深める。
千葉 守(10:00-16:00)
松浦貞彦(10:00-16:00)
経営改善計画演習 6 千葉 守(岩手県中央農業改良普及センター上席農業普及員)
松浦貞彦(岩手県中央農業改良普及センター主査農業普及員)
8/30(水)
10-16時
農学部2号会議室
(農学部2号館1階)
 中長期の経営改善計画をパソコンで作成する際の具体的な方法について学び、自らの経営改善計画のデータ等を実際に入力して理解を深める。  座講で学んだあと、実際に自らの経営データをパソコンに入力する実技の指導を行う。
千葉 守(10:00-16:00)
松浦貞彦(10:00-16:00)
農業・食ビジネス戦略計画の策定1,2 12 佐藤和憲(岩手大学農学部教授)
千葉 守(岩手県中央農業改良普及センター上席農業普及員)
松浦貞彦(岩手県中央農業改良普及センター主査農業普及員)
1.11/1(水)
2.12/13(水)
10-16時
情報基盤センター
(2階教育用端末室)
 修了論文である戦略計画を策定するための方法を学ぶとともに、財務分析と経営診断をもとに自らの農業ビジネス戦略計画の策定を行う。  各自が作成する戦略計画の方向性や実際の入力内容等について指導を行う。
佐藤和憲(10:00-16:00)
千葉 守(10:00-16:00)
松浦貞彦(10:00-16:00)
地域振興戦略計画の策定1,2,3 18 門間敏幸(東京農業大学名誉教授) 1.8/30(水)
2.11/1(水)
3.12/13(水)
10-16時
1.遠隔講義室(スペースC)
(農学部総合教育研究棟1階)
2.農学部1号会議室
(農学部1号館2階)
3.農学部1号会議室
(農学部1号館2階)
 農村地域の振興・活性化を実現するために必要となる地域の内部・外部環境の変化を把握するとともに,地域住民のニーズを把握し,地域の将来目標・ビジョンを描く方法を体得する。さらに地域目標を達成するための手段・方法,さらには住民の合意形成の方法・可能性を評価し実行計画を策定するとともに,実行計画の適切な実践を評価し軌道修正するための評価指標の策定方法を学ぶ。これらの一連の地域振興戦略策定を科学的に実践するために開発されたSTBの体系を学ぶとともに,受講生自らSTB法を活用して戦略計画を策定し,その成果を発表し相互にディスカッションを行い理解を深める。  各自が作成する戦略計画の方向性や実際の入力内容等について指導を行う。
佐藤和憲(10:00-16:00)
門間敏幸(10:00-16:00)
戦略計画のプレゼンテーション 6 佐藤和憲(岩手大学農学部教授)
評価委員
2/2(金)
10-16時
農学部1号会議室ほか
(農学部1号館2階)
 修了論文として策定した農業ビジネス戦略計画を発表し、関係機関、団体及びアグリ管理士等からなる評価委員から評価を受ける。   受講者を数グループに分け、それぞれ戦略計画を発表し、評価委員による質疑応答を行う。(修了に向けた最終試験となる。)
佐藤和憲
評価委員 名(10:00-16:00)
(県、JAグループ、農業者等)