学び直して,アグリでキャリアアップ! IAFSは21世紀の農業を切り拓く意欲的な農業経営者を育てます

IAFS いわてアグリフロンティアスクール
 「現地研修等」科目
教育プログラム一覧 「経営管理」科目 「経営戦略」科目 「農業生産管理」科目 「6次産業化推進」科目 「農業農村マネジメント」科目 「マーケティング」科目 「現地研修」科目
科目 時間数 担当講師 開催時間 開催場所
教育内容 教育方法
現場スタディ 12 県外篤農家 数箇所(調整中) 7/27(木)
 〜28(金)
(一泊二日)
秋田県(予定)
 先端的な経営管理手法を行っている農業経営の先進事例を視察し、現場でのイノベーションとマーケティングの両側面から農業経営のあり方を理解し、経営成長を実現する上で農業経営者は何をなすべきかを学ぶ。   農業経営の先進的な取組事例を視察を行う。
マーケティング改善演習1,2 12 1.県内篤農家 数箇所(調整中)
2.異業種を含めた先進的な取組 数名(調整中)
1.9/20(水)
2.11/29(水)
10-16時
1.二戸市(予定)
2.放送大学岩手学習センター大講義室
(岩手大学図書館4階)
1.現地における加工品やマーケティングの先進事例を学ぶ。
2.異業種との交流等により、新しいマーケティングの形や幅広い知識を習得する。
1.県内で先進的な取組みを行っている農家の事例を研修する。
2.講義及び意見交換等により理解を深める。
農業技術先進地研修1,2 12 1.県内先進事例(雫石町)
①手づくりアイスクリーム牧舎 松ぼっくり
②(有)ファーム菅久
③(同)しずくいしチャレンジド
2.研究員(農研機構 東北農業研究センター)
渡邉学(岩手大学農学部助教)
1.6/7(水)
2.8/23(水)
10-16時
1.雫石町
2. 農研機構 東北農業研究センター
岩手大学農学部滝沢農場
1.農業生産管理の実際について、新技術の開発・実践に取り組む農業試験研究機関や先進農家等で研修を受ける。
2.岩手大学農学部寒冷フィールドサイエンス教育研究センター滝沢農場及び東北農業研究センターにおける研究内容について研修する。
1.先進農家等の取組事例を視察する。
2.東北農業研究センター及び滝沢農場の研究内容について座講及び現場視察を行う。
東北農研 
滝沢農場
6次産業化関連現地研修1,2 12 1.県内先進事例(雫石町)
①手づくりアイスクリーム牧舎 松ぼっくり
②(有)ファーム菅久
③(同)しずくいしチャレンジド
2.県内先進事例 数箇所(調整中)
1.6/7(水)
2.10/12(木)
10-16時
1.雫石町
2.調整中
 6次産業化に取り組んでいる先進経営や関係機関を訪問して、現場を見学するとともに経営者等による研修を受ける。  県内で6次産業化を実施している先進事例を視察する。
アグリ管理士との意見交換 6 岩渕明(岩手大学長)
高畑義人(岩手大学農学部長)
佐藤和憲(岩手大学農学部教授)
門間敏幸(東京農業大学名誉教授)
千葉 守(岩手県中央農業改良普及センター上席農業普及員)
松浦貞彦(岩手県中央農業改良普及センター主査農業普及員)
アグリ管理士 数名
9/13(水)
10-16時
農学部1号会議室ほか
(農学部1号館2階)
 共通する話題の講義の後、アグリ管理士から、農業経営状況や経営改善に向けた取り組み等について話題提供を受け、経営改善についてどのように考えるべきか、意見交換を行い、農業ビジネス戦略計画作成の資とする。  座講のあと、アグリ管理士からの事例提供を受け、受講生が自らの計画案を発表し、意見交換を行う。
高畑義人(10:00-11:00)
岩渕 明(11:00-12:00)
佐藤和憲(13:00-16:00)
門間敏幸(13:00-16:00)
千葉 守・松浦貞彦(13:00-16:00)
アグリ管理士 名(13:00-16:00)
インターンシップ[選択科目] 6 受講者の希望に応じて受入先を選定 受講生の希望時期 県内先進農家等
 受講生の希望に応じて、農業経営体、6次産業化及び農商工連携の中心的な経営体などで実務研修を受けることにより、戦略計画の策定に資する。  現地で先進的な取組を行う実務家のもとで、実地研修を行う。