ホーム 専攻紹介 > バイオフロンティア専攻
農学研究科への招待
専攻紹介

バイオフロンティア専攻

最先端のバイオテクノロジーを人類の未来に生かす

 微生物、植物、昆虫、動物、およびヒトにおける生命活動に興味を持つ学生を対象に、最先端のバイオサイエンスおよびバイオテクノロジーに関する高度な専門教育を行います。これらバイオフロンティア領域におけるさまざまな生命現象の統合的学習を通して、地球上での生物生産に基づく人類の生活の質(Quality of Life)の向上、および人類とほかの生物の共生について理解を深めることを目的としています。

 また、研究教育重点授業科目等での教育を通じて、大学院博士課程へ進学し、バイオサイエンス分野の研究者として研究機関や大学等において国際的に活躍できる人材の育成に取り組んでいます。あわせて、高度専門教育重点科目等の履修から問題解決能力の養成を行い、製薬・食品関連企業、国・地方自治体において活躍できる高度専門職業人の育成を行います。

主な講義科目

研究教育重点授業科目 植物環境ストレス応答機構特論、分子細胞遺伝学特論、バイオフロンティア微生物学特論、植物病理学特論、分子細胞生物学特論、染色体・ゲノム生物学特論、分子昆虫学特論、植物分子生物学特論、遺伝子農学特論
高度専門教育重点授業科目 生体熱制御システム学特論、応用昆虫学特論、新興・再興感染症学特論、植物ウイルス病学特論、植物バイオテクノロジー特論、バイオフロンティア特別講義
共通科目 バイオフロンティア特別研究

主な研究テーマ

  • 寒冷発育制御研究
  • 生命適応機能研究
  • 生体熱制御システム研究
  • 細胞遺伝応答研究
  • 寒冷地果樹に病気を引き起こすウイルスの基礎研究
  • 有用昆虫が生産する生理活性物質の機能とバイオテクノロジー

所属教員

教員名 主な研究テーマ プロフィール
教授 博(医) 伊藤 菊一 植物の発熱現象 プロフィール ホームページ
教授 理博 上村 松生 植物の寒冷環境への適応分子機構とその応用 プロフィール ホームページ
教授 博(農) 佐原 健 BAC-FISHによる染色体マッピングを利用した昆虫の比較ゲノム解析 プロフィール 
教授 農博 西山 賢一 分泌タンパク質の膜透過や膜タンパク質の膜挿入の分子機構の解明 プロフィール ホームページ
教授 農博 吉川 信幸 寒冷地果樹ウイルスの構造と機能 プロフィール 
准教授 博(農) 磯貝 雅道 ブルーベリーなどの寒冷地果樹に感染するウイルスの研究 プロフィール 
准教授 博(獣) 落合 謙爾   プロフィール 
准教授 博(地球環境) 河村 幸男 低温・凍結で植物が受ける損害機構の解明 プロフィール ホームページ
准教授 獣博 御領 政信 動物の細菌,原虫およびウイルス性疾患の成り立ち プロフィール 
准教授 博(農) 斎藤 靖史 イネ胚乳形成と温度に関する研究、染色体・ゲノム・クロマチン・RNAiからの遺伝子研究 プロフィール ホームページ
講師 博(農) 安 嬰 天蚕麻痺性ペプチドによる蚕休眠卵の誘導機構と利用 プロフィール 
准教授 Ph.D. ABIDUR RAHMAN Elucidating the molecular mechanism of auxin transport and response pathways. プロフィール ホームページ