ホーム 専攻紹介 > 応用生物化学専攻
農学研究科への招待
専攻紹介

応用生物化学専攻

生命の現象や機能を化学的な視点で解明

 微生物から動植物に至る生命現象、それらの生存環境である生態系システム、生物が作り出す物質や食品素材の特性やその機能を、おもに化学的な側面から解明することをめざし、その成果となる生命現象や生物資源の基礎的な理解を基盤に、私たちの健康や快適な生活、環境に負荷をかけない農業生産に応用していくための研究を行っています。

 そのために、無機化学、有機化学や生物化学を基盤とし、生物圏における物質循環、先端的な技術を用いた微生物・動植物の生物機能の解析、食品の物理・化学的な特性解析とその加工技術の開発、疾患予防に向けた栄養や生物資源の健康機能の解明に関わる高度な専門教育を行い、機能性食品の開発、生物関連産業、薬品化学系などの産業分野で活躍できる人材の養成に取り組んでいます。

主な講義科目

研究教育重点授業科目 栄養生化学特論、食品蛋白質化学特論、ケミカルバイオロジー特論、分子栄養学特論、微生物機能利用学特論、生化学特論、生体エネルギー特論、植物栄養生理学特論、土壌化学特論、環境土壌学特論
高度専門教育重点授業科目 食品化学工学特論、食品衛生学特論、酵素化学特論、食品機能学特論、生物圏化学特論、調理加工学特論、応用生物化学特別講義
共通科目 応用生物化学特別研究

主な研究テーマ

  • 脂質-糖質複合体の調整とその応用(乳化剤を代替する食品素材)
  • 植物の代謝産物や共生微生物の機能を利用した植物の養分吸収機構の解明とその応用
  • 加齢や疾病による筋肉量の減少(筋萎縮)におけるアミノ酸(BCAA)などの食品成分の抑制機構とその応用

所属教員

教員名 主な研究テーマ プロフィール
教授 農博 河合 成直 植物の養分吸収機構と土壌中の養分運搬物質の研究 プロフィール 
教授 博(農) 下飯 仁 日本酒を造る酵母の特徴を遺伝子レベルで解明し、新しい性質を持った酵母の育種に利用する  プロフィール 
教授 博(学) 菅原 悦子 味噌・醤油・ワインなどの発酵食品を特徴づける香気成分の生成機構や、調理加工による変化の解明  プロフィール ホームページ
教授 農博 長澤 孝志 食品成分、特にタンパク質,アミノ酸による筋肥大とその機構 プロフィール 
教授 農博 三浦 靖 安全で、おいしくて、健康維持に役立つ食品を効率よく、安価に、安定した品質で作るための製造・加工法と品質評価法の開発 プロフィール 
准教授 博(農) 伊藤 芳明 糖尿病や肥満の起こるわけと食品成分の改善効果 プロフィール 
准教授 農博 木村 賢一 生活習慣病に有効な天然物質を用いて生命現象を探る プロフィール 
准教授 博(学) 立石 貴浩 土壌微生物の機能や生態の解明と環境修復への応用 プロフィール 
准教授 博(農) 塚本 知玄 大豆加工食品の美味と健康を科学する プロフィール 
准教授   宮崎 雅雄 近日掲載予定 プロフィール 
准教授 博(理) 山下 哲郎 ネコ尿タンパク質「コーキシン」の生理機能とその応用 プロフィール 
助教 博(工) 山田 美和 代謝工学、酵素工学を利用した微生物による有用物質生産系の構築 プロフィール