ホーム > 農学研究科への招待 > 教育研究上の目的
農学研究科への招待
専攻紹介

教育研究上の目的

 農学研究科では、各専攻における人材養成目的並びに学生に修得させる知識・能力を以下の様に定めています。

【農学生命専攻】

 農学生命専攻は、食用作物、園芸作物等の育種や機能開発分野および生産環境、農作業システム、資源循環、流通技術、農業経営等の生物産業関連分野において、高度な専門知識、先端技術および研究能力を修得させることにより、食料生産、流通、経営など広範な生物関連産業で活躍できる高度専門職業人と、寒冷生物資源の機能開発など農学・生命科学分野で活躍できる研究能力を備えた人材の養成を目的とする。

【応用生物化学専攻】

 応用生物化学専攻は、栄養生化学、ケミカルバイオロジー、分子栄養学、微生物機能利用学、生化学、植物栄養生理学、土壌化学、環境土壌学、食品科学、食品化学工学、調理加工学の分野において、高度な専門知識と先端的な研究技術を修得させることにより、食品を含むバイオ関連産業で活躍する高度専門職業人と、生命現象の解明や生物資源の高度利用、地球レベルでの環境保全等を目指す研究能力を備えた人材の養成を目的とする。

【共生環境専攻】

 共生環境専攻は、農林業の生産環境と物質循環および農山村固有の動植物からなる生態系の理解を基礎に、森林や農地に関わる自然科学と社会科学の知識を集積し、持続的な食糧生産、森林資源の持続的な管理・利用、諸機能の発見と展開、生物多様性の保全などに寄与できる研究能力を備えた人材と、地域社会や国際社会に貢献できる高度専門職業人の養成を目的とする。

【動物科学専攻】

 動物科学専攻は、動物栄養学、動物遺伝育種学、家畜繁殖学、動物資源利用学、動物管理学、基礎獣医学、病態獣医学、応用獣医学、臨床獣医学の分野において高度な専門知識と先端的な研究技術を修得させることにより、地域社会や国際社会において、動物関連産業で活躍する高度専門職業人と、ヒトと動物が共生する豊かな社会の実現を目指す研究能力を備えた人材の養成を目的とする。

【バイオフロンティア専攻】

 バイオフロンティア専攻は、寒冷環境に適応する種々の生物に見られる多様な生命活動を対象に、最先端のバイオサイエンスおよびバイオテクノロジーに関する統合的な学習を通し、生物生産から人類の生活の質(Quality of Life)の向上、および、人類と生物の共生について理解を深めるとともに、バイオサイエンス分野で国際的に活躍できる研究能力を備えた人材や問題解決能力のある高度専門職業人の養成を目的とする。