English Page

岩手大学農学部 食料生産環境学科
食産業システム学コース
農産物流通科学研究室

野菜、果実、穀類の保蔵と加工について興味がある方、歓迎します。


 


 研究室紹介

私たちは、「6次産業化」、「農林水産物の輸出促進」、「食の安全」、「環境負荷低減」など、社会からの要請が高まっている問題をターゲットにしています。

具体的には、農産物の様々な収穫後処理技術(ポストハーベスト処理)について、「農産物の加工保存技術の高度化」、「生鮮青果物の鮮度保持技術の開発」、「新しい農産食品の開発」などを目標に研究しています。

私たちの研究は「食べること」と密接に関係しており、「実学」を意識しつつ日々の研究に取り組んでいます。

興味のある方、是非遊びに来てください。


 スタッフ



                              平成28年度メンバー
〇教員
 教  授 小出章二

 准教授 折笠貴寛



〇学生
修士1年生 1名
学部4年生 3名

〇技術補佐員 1名
      

 最新ニュース

〇平成29年9月20日
平成27年度卒業生の遠藤隆平さんの卒業研究の一部が日本食品科学工学会誌64巻9号に掲載されました。(論文タイトル:マイクロ波を用いた新しいトマトピューレ濃縮法の検討)

〇平成29年9月9日
農業食料工学会年次大会(東京農業大学)において、修士2年生の早川香寿美さんが研究発表を行いました。

〇平成29年8月21日
農業食料工学会東北支部年次大会(盛岡市)に参加しました。
修士2年生の早川香寿美さんが、「スターターを用いた青果物のバイオプレザベーション」と題した研究発表を行いました。

〇平成29年8月9日
オープンキャンパスで研究室紹介を行いました。

〇平成29年7月4日
ポストハーベスト工学/食産業技術論において、農研機構食品研究部門安藤泰雅先生に「食品冷凍技術の歴史と発展」と題した講演を行っていただきました。

〇平成29年6月29日
小出章二教授の研究グループが「平成29年度日本食品保蔵科学会論文賞」を受賞 しました。
受賞論文タイトルは「乾燥米飯の乾燥・保存・吸水に関する含水率予測」、論文著者は「小出章二、折笠貴寛、小出冬菜、村松良樹、田川彰男」です。
詳細はこちらをご覧ください。

〇平成29年3月23日
学部生4名が卒業しました

○平成29年3月6日
折笠貴寛准教授がベルギーへの留学(H.28.5~H29.3)から帰ってきました。

〇平成29年3月1日
平成25年度卒業生の澤田みのりさんと平成26年度卒業生の三鹿暉峻さんの卒業研究の一部が農業食料工学会誌79巻2号に掲載されました。(論文タイトル:ニンジンの最適ブランチング処理法の検討に向けた品質および物理的特性の測定)

〇平成29年2月27日
農業食料工学会 食料・食品工学部会 シンポジウム
「事例から探求!6次産業の持続化と新展開に求められるモノ」に参加しました。


〇平成28年11月27日
平成27年度卒業生の遠藤隆平さんの卒業研究が第10回日本電磁波エネルギー応用学会シンポジウムでベストポスター賞を受賞しました。(発表題目:マイクロ波を用いた新しいトマトピューレ濃縮法の検討)

〇平成28年8月25日
農業食料工学会東北支部年次大会(十和田市)に行ってきました。

〇平成28年4月19日
新年度キックオフパーティを開催しました。

〇平成28年3月31日
平成25年度卒業生の小出冬菜さんの卒業研究の一部が日本食品保蔵科学会誌42巻2号に掲載されました。(論文タイトル:乾燥米飯の乾燥・保存・吸水における含水率予測)


⇒過去の情報はこちらをご覧ください。




 卒業生の皆様へ

何かありましたら(何もなくても?)メールで連絡でも構いません。
近くまで来られた時は、是非研究室にお立ち寄りください。

みなさんのご発展・ご活躍を願っています。


Last modified August 27, 2017


Copyright © 2012 Laboratory of Postharvest Science and Technology, Faculty of Agriculture, Iwate University. All rights reserved