卒業・修了生論文題目 (1990-1994)

卒業・修了年

   学生名

 

 卒業論文,修士論文,博士論文,研究生論文

1990年(H2)

  懸田 節

  佐藤雅子

  武田基義

  三浦健一

  村井啓示

  山下尚彦

 写真                         戻る

 低温貯蔵による牛乳の変化

 温度感受性ペプチドの構造について

 豆乳タンパク質粒子の構造について

 納豆菌によるピラジン類の生成について

 アマランスの物性とサポニンに関する研究

 山菜の香気成分について

1991年(H3)

  加藤昇志

  菊池規子

  熊沢賢二

  高城保志

  照井直子

  三浦貴子

  大多和利彦

 写真                         戻る

 豆乳タンパク質粒子のカルシウム感受性について

 山菜の香気成分について

 植物の傷害によるストレス化合物の検索

 β-カゼインのトリプシンにより生成するペプチドの分離

 ブルーベリーワインの品種特性

 牛乳カゼインミセルの加熱による影響        

牛乳由来ホスホペプチドのリン酸カルシウム複合体について

1992年(H4)

  遠藤理恵子

  大越英明

  菊川 稔

  金城由美子

  望月一徳

  武田基義

  村井啓示

 写真                         戻る

 ブルーベリーワインの香気成分について

 牛乳の加熱による変化

 フキとハリギリの香気成分

 カゼインホスホペプチドの生成とその分布

 豆乳のゲル化機構に及ぼすカルシウムの作用について

豆乳タンパク質粒子の構造と性質

アマランス種子利用食品の物性と不快味成分について

1993年(H5)

  石田能子

  館澤公昭

  田名網宏

  若生範子

 成城留美ソニア

  熊沢賢二

  高城保志

 写真                         戻る

 ブルーベリーワインの揮発成分,香辛料のTMA抑臭効果

 豆乳に対するカルシウムの結合様式

 牛乳タンパク質の加熱による変化

 桜とギシギシのストレス化合物の検索

カタクリの葉の甘み成分について

桜葉の傷害処理により生成する抗菌性物質およびその前駆体

各種カゼインホスホペプチド調製とリン酸カルシウム可溶化能

1994年(H6)

  大下 聡

  大塚省吾

  熊谷 亮

  高田 真

  田村 恵

  早坂長英

 写真                         戻る

 香辛料抽出物による魚臭成分TMAの抑臭

 カゼインミセルからのカゼインホスホペプチドの調製

 ウコギ科植物の揮発性香気成分

 ユリノキの葉に含まれる抗菌性物質とその前駆体の分離

 豆乳の凝集におけるカルシウムとフィチンの関係について

 αS1-カゼイン由来のペプチドの調製

戻る