Top

広田&三宅研究室
の紹介

教員プロフィール

メンバー

研究活動

研究成果

活動予定&速報

研究室の日々1
(広田研)

研究室の日々2
(三宅研)

予定表

リンク

 


学術論文  
題 名 発表・掲載誌 発表年 共同研究者
商業地街路における歩行者の看板注視傾向に関する研究
〜銀座中央通りにおける歩行実験の分析〜
日本建築学会計画系論文集第574号 p.113-120 2003年12月 渡辺聡
後藤春彦
李彰浩
中国東北・極東ロシア5 都市における都市形成に関する研究−主体の多様性に着目した街区の変遷とその特徴− 日本建築学会計画系論文集第562号 p.193-200 2002年12月 金鐡権
戸沼幸市
佐藤洋一
植民都市ハルビンにおける空間形成とセグリケーションに関する研究 −1898-1931年のハルビンを中心にして− 日本都市計画学会学術研究論文集 p.475-481 2002年11月 金鐡権
戸沼幸市
商業地街路における歩行注視特性に関する研究       − 品川区戸越銀座商店街のビデオ映像を用いた分析− 日本都市計画学会学術研究論文集 p.769-774 2001年11月

渡辺聡
後藤春彦

大学と周辺地域の連携によるまちづくり活動の展開   〜早稲田大学西早稲田キャンパスと周辺地域を事例として 日本建築学会計画系論文集第542号 p.175-182 2001年4月 李彰浩
後藤春彦
車窓シークエンス景観における注視特性に関する研究  −都電荒川線の車窓景観によるケーススタディ− 日本建築学会計画系論文集第540号 p.213-220 2001年2月 古田五波
後藤春彦 
映像を媒体とするコミュニケーションツールとしての「街並み起こし絵図」の開発とその有用性の検証ー景観イメージの合意形成手法に関する研究 その2ー 日本建築学会計画系論文集第ダイ526号 p.223-230 1999年12月 後藤春彦
早稲田大学西早稲田キャンパスの景観形成過程に関する研究  〜佐藤功一の都市美論と営繕組織の活動を通して〜 日本建築学会計画系論文集第519号 p.187-194 1999年5月 赤尾光司 後藤春彦 米山勇  
景観イメージの合意形成手法に関する研究―CCDカメラを用いた都市景観模型の評価特性と景観シミュレーションワークショップへの応用― 日本建築学会計画系論文集第491号 p.157-165 1997年1月 後藤春彦 ほか3名
早稲田大学西早稲田キャンパス整備指針の特徴 日本建築学会技術報告集第10号 p.209-214 2000年6月  後藤春彦ほか3名
こどもの遊び空間と創造力の関係に関する研究 日本建築学会関東支部研究報告集 p.501-504 1999年3月 田口太郎 後藤春彦
佐藤功一の都市美論からみた早稲田大学西早稲田キャンパス空間構成  ―大学キャンパスに関する研究・1― 日本建築学会関東支部研究選集6 p.217-220 1997年3月 赤尾光司 後藤春彦 ほか6名
学生の生活実態に着目した早稲田大学西早稲田キャンパス空間構成  ―大学キャンパスに関する研究・2― 日本建築学会関東支部研究報告集 p.221-224 1997年3月 前川裕介 後藤春彦 ほか6名
一般論文・研究報告  
題 名 発表・掲載誌 発表年 連名者 備考
田野畑村の生活景と景観構造の解読に関する研究 三陸総合研究p.1-4 2004年10月 単名 p.1-3
面影と伝統工芸を活かした景観形成
−岩手県水沢市の景観行政と課題−
日本建築学会大会都市計画部門研究協議会資料シリョウp.V-27〜28 2004年8月 単名  
「まもり」「つくり」「そだてる」を柱とする盛岡市の景観形成の取り組クみ 日本建築学会大会都市計画部門研究協議会資料シリョウp.V-35〜36 2004年8月 単名  
岩手県田野畑村の集落景観に関する研究
−歴史的民家とその周マワりの土地利用に着目チャクモクして−
日本建築学会東北支部研究報告集p.227-232 2004年6月 菱沼百合香  
田野畑村の生活景と景観構造の解読に関する研究 三陸総合研究p.1-3 2003年10月 単名 p.1-3
都市と農村を複眼的に眺める視座              21世紀都市田園論の序ジョ・高流動性社会に即ソクした家族像 日本建築学会都市計画・農村計画部門研究懇談会資料集p.5-12 2001年9月 後藤春彦  村上佳代  山崎義人  
早稲田大学におけるキャンパス整備の基本的考え方   −佐藤功一の都市美論と西早稲田キャンパス整備指針− 日本建築学会都市計画建築計画パネルディスカッション資料集p.97-100 2001年9月 後藤春彦  
まちづくりにおける景観シミュレーションの意義と役割に関する研究 実吉奨学会研究報告集p.64-67 2000年3月 単名  
学術講演
題 名 発表・掲載誌 発表年 共同研究者
岩手県盛岡市における都市景観変化と景観ガイドラインの影響に関する研究 日本建築学会大会学術講演梗概集   2004年8月 単名
岩手県田野畑村の集落景観に関する研究
−歴史的民家とその周りの土地利用に着目して−
日本建築学会大会学術講演梗概集   2004年8月 菱沼百合香
集団ヒアリング形式による住民参加ワークショップの効果〜滋賀県木之本町における「未来の思い出アルバムWS」の成果〜 日本建築学会大会学術講演梗概集 p.21-22 2002年8月 渡辺聡
後藤春彦
今谷大志
学生活動に着目したキャンパス屋外空間の特性と今後の課題に関する研究〜早稲田大学大久保キャンパスを事例として〜 日本建築学会大会学術講演梗概集 p.143-144 2002年8月 矢澤知英
後藤春彦
李彰浩
商業地街路における歩行注視特性に関する研究          −品川区戸越銀座商店街のケーススタディ− 日本建築学会大会学術講演梗概集 p.167-168 2001年9月 渡辺聡  後藤春彦
コミュニティ意識育成を目的とした市民まつりの効果と問題点 日本建築学会大会学術講演梗概集 p.39-40 2001年9月 細田祥子 後藤春彦
都心商店街における高齢者の余暇活動と商店の取り組みに関する研究 〜巣鴨地蔵通り商店街を事例として〜 日本建築学会大会学術講演梗概集 p.563-564 2000年9月 中村隆  後藤春彦
都市デザインにおける景観シミュレーションの利用実態 −東京圏のまちづくり特別対策事業実施地区および地区計画策定地区を事例として− 日本建築学会大会学術講演梗概集 p.951-952 2000年9月 後藤春彦
車窓シークエンス景観における注視特性に関する研究  −都電荒川線の車窓景観によるケーススタディ− 日本建築学会大会学術講演梗概集 p.913-914 2000年9月 古田五波後藤春彦
大学キャンパスとその周辺地域のかかわりに関する研究       〜早稲田大学「西早稲田キャンパス」とその周辺地域を通して〜 日本建築学会大会学術講演梗概集 p.527-528 1999年9月 李 彰浩後藤春彦
景観シミュレーションワークショップにみる景観イメージの形成過程 ー景観イメージの合意形成手法に関する研究(2)ー 日本建築学会大会学術講演梗概集 p.355-356 1999年9月 後藤春彦
「日影測定用経緯台」の開発―模型を使った日影シミュレーションシステムに関する研究― 日本建築学会大会学術講演梗概集 p.71-72 1998年9月 後藤春彦矢部俊男
早稲田大学西早稲田キャンパスの外部意匠の継承に関する研究 日本建築学会大会学術講演梗概集 p.667-668 1998年9月 後藤春彦李 彰浩
赤尾光司
「地方銀座」の設立に関する基礎的研究 日本建築学会大会学術講演梗概集 p.405-406 1998年9月 後藤春彦佐藤宏亮
早稲田大学西早稲田キャンパスの変遷と営繕組織に関する研究 日本建築学会大会学術講演梗概集 p.31-32 1997年9月 赤尾光司後藤春彦
街並み起こし絵図の有効性に関する研究               〜街並み起こし絵図の評価特性と起こし絵W.S.への応用〜 日本建築学会大会学術講演梗概集 p.97-98 1997年9月 後藤春彦
キャンパス空間内の移動経路とイメージ特性に関する研究 ―西早稲田キャンパスを事例に― 日本建築学会大会学術講演梗概集 p.93-94 1997年9月 杉友ジョージ後藤春彦
景観イメージの合意形成手法に関する研究―CCDカメラと都市景観模型を用いた景観シミュレーション・ワークショップの開発― 日本建築学会大会学術講演梗概集 p.15-16 1996年9月 赤尾光司 後藤春彦 ほか2名
CCDカメラを用いた都市景観模型の評価特性に関する研究  ―その1 都市景観模型の再現性― 日本建築学会大会学術講演梗概集 p.893-894 1996年9月 後藤春彦 前川裕介
CCDカメラを用いた都市景観模型の評価特性に関する研究  ―その2 模型映像、CG、現地映像による評価構造の比較― 日本建築学会大会学術講演梗概集 p.895-896 1996年9月 後藤春彦 前川裕介
東京の都市空間のイメージ特性に関する研究            外国人との比較による日本人の抱く東京のイメージの相対比 日本建築学会大会学術講演梗概集 p.779-780 1996年9月 杉友 壮  後藤春彦
「起こし絵図」を用いた景観シミュレーションシステムの開発 ―「景観起こし絵図」の意義と有効性に関する研究(1)― 日本建築学会大会学術講演梗概集 p.11-12 1995年8月 後藤春彦