Small Animal Surgey of Iwate Univ.
研究内容と研究業績の紹介
 ※企業または共同研究をお申し込みの方へ

各先生への連絡は左の連絡先ボタンをクリックし、メールアドレスよりご連絡ください。

名前を押すと各先生の業績へジャンプします。
宇塚雄次 片山泰章 福井大祐

宇塚 雄次

1980年 東京大学 農学部 畜産獣医学科 卒業
1982年 東京大学 農学系研究科 獣医学専攻 修了
1982-1996年 山口大学 助手
1994年 東京大学より博士号(獣医学)を取得
1996-2004年 帯広畜産大学 畜産学部 助教授
2004-2009年 岐阜大学 応用生物科学部 教授
2009- 岩手大学 農学部 獣医学課程 教授

研究領域:獣医神経病学、画像診断学、麻酔学
主な業績
著書・総論
  1. 獣医臨床シリーズ2001年版(Eds.:C.A.Osborne, J.P.Lulich and J.W.Bartges )学窓社.東京
  2. Dr.Bagleyのイヌとネコの臨床神経病学(R.O.Bagley著),ファームプレス,東京, pp.185-202.
  3. 小動物臨床のための5分間コンサルト(第3版)(Eds.:L.P.Tilly and F.W.K.Smithm. 長谷川篤彦監修),インターズー,東京,pp.
  4. 小動物の臨床病理学マニュアル(日本獣医病理学会編),学窓社,東京,pp.
  5. 主要症状を基礎とした猫の臨床,デーリーマン社,札幌,pp,
  6. 小動物ハンドブックーイヌとネコの医療必携―,朝倉書店,東京,pp.183-207.
  7. 主要症状を基礎とした犬の臨床,デーリーマン社,札幌,pp
  8. メルク獣医マニュアル 第8版(長谷川篤彦,山根義久 監修),学窓社,東京,pp.215-233.
  9. 図解 小動物神経病学 (長谷川大輔 監訳),インターズー,東京,pp.273-332
 総論・論説
  1. 宇塚雄次,紀井幸恵,中出哲也(2001) 犬の水頭症と側脳室拡張は関連があるか? SA Medicine 3:71-76.
  2. 宇塚雄次,柴田武仁(2003) 解説・重症筋無力症,Infovets 8月号: 12-14.
  3. 宇塚雄次(2003) 筋肉障害による震え, SA Medicine 5: 20-25.
  4. 田辺茂之,宇塚雄次 (2003) イレウスにおける内科療法. Tech.Mag.Vet.Surg. 6: 50-60.
  5. 宇塚雄次(2005 )糖尿病性昏睡に対する輸液療法.Infovets 4月号: 5-7.
  6. 宇塚雄次(2006) 糖尿病の管理と一般原則. CLINIC NOTE 6:4-14.
  7. 宇塚雄次(2007) 胸腺腫と抗アセチルコリン・レセプター抗体.  Joncol No.3:40-43.
  8. 宇塚雄次(2007) 胸腺腫と抗アセチルコリン・レセプター抗体.  Joncol No.3:40-43.
 原著(2001年以降)
  1. MORI, F., SAWADA K., WATANABE K., DUCUSIN, R. J. T., KUMASE, N., TANABE, S., UZUKA, Y., TAKAHASHI, J., & SARASHINA, T.:Relationship between the incidence of displaced abomasum and feeding of cows in Tokachi district, Hokkaido, northern Japan.   Asian-Aus. J. Anim. Sci. 14:88-91,  2001
  2. Rio John T. DUCUSIN, Takao SARASHINA, Yuji UZUKA, Shigeyuki TANABE, Masayuki OHTANI: Phagocytic response of bovine polymorphonuclear leukocytes to different incubation conditions and follwing exposure to some effectors of phagocytosis and different anticoagulants in vitro. Canadian J. of Veterinary Research. 65:38-44,  2001
  3. Kenichi TAKAHASHI, Eiji TAKAHASHI, Rio John T., Ducucin, Shigeyuki TANABE, Yuji UZUKA, Takao SARASHINA:Changes in serum thuroid hormone levels in newborn calves as a diagnostic index of endemic goiter. J. Vet. Med. Sci.  63:175-178,  2001
  4. Yoshitaka OMATA, Maki SATAKE, Ryuichiro MAEDA, Atsushi SAITOH, Kenichi SHIMAZAKI, Koji YAMAUCHI, Yuji UZUKA, Shigeyuki TANABE, Takao SARASHINA, Takeshi MIKAMI : Reduction of the infectivity of Toxoplasma gondi and Eimeria stiedai Sporozoites by treatment with bovine lactoferricin. J. Vet. Med. Sci.  63:187-190,  2001
  5. 有賀 徹、田辺茂之、宇塚雄次、更科孝夫:分娩前後の乳牛における血清甲状腺ホルモン濃度の変動. 日獣会誌(産業動物)  54:172-176,  2001
  6. Yoshitaka OMATA, Makiko SUEDA, Tomohiro KOYAMA, Shigeyuki TANABE, Yuji UZUKA, Takao SARASHINA, Souichi MAKINO, Ryuhichiro MAEDA, Atsushi SAITO, Takeshi MIKAMI:Identification and the role of soluble antigens detected in bile from Eimaria stiedai-infected rabbits. J. Parasitol. 87:287-291, 2001
  7. 藤島 誠、田辺茂之、宇塚雄次、更科孝夫: 第四胃鼓脹症牛にみられる血液酸塩基平衡の異常.  日獣会誌(産業動物)  54:349-352,  2001
  8. 船木博史、宇塚雄次(C)、田辺茂之、岩原克明、高市康博、草野健一、更科 孝夫: 牛の急性呼吸器病に対するcefquinomeの治療効果. 日獣会誌(産業動物)  54:451-454, 2001
  9. WATANABE H., KOYAMA T., OMATA Y., UZUKA Y., TANABE S., SARASHINA T., MAEDA R., and SAITO A.: Trial antigen in Eimeria stiedai sporozoites associated with a thrombospondin-relatedmotif and the entry of cultured cells. Veterinary Parasitology 99: 287-295, 2001
  10. Katsuaki NISHIHARA、Hiroto KIKUCHI、Takashi KANNO、Shigeyuki  TANABE、TakaoSARASHINA、and Yuji UZUKA(C): Comparison of the upper gastrointestinal effects of etodolac and  aspirin in healthy dogs J. Vet. Med. Sci. 63: 1131-1133, 2001
  11. Eiji OOHASHI, Katsuyoshi YAGI, Yuji UZUKA, Shigeyuki TANABE, Takao SARASHINA, and Takuo ISHIDA:Seasonal changes in serum total thyroxine, free thyroxine, and canine thyroid stimulating hormone in clinically healthy beagles in Hokkaido J. Vet. Med. Sci. 63:1241-1243, 2001
  12. 大橋英二、宇塚雄次、田辺茂之、更科孝夫、石田卓夫: 北海道で低体温症を発症した犬の血清総サイロキシン、遊離サイロキシンおよび犬甲状腺刺激ホルモン濃度. 日獣会誌  55:235-238, 2002
  13. 田辺茂之、宇塚雄次、古岡秀文、古林与志安、大池三千男、更科孝夫: 猫の急性単球性白血病の1例.  日獣会誌  55:596-560,  2002
  14. Tanabe S., Nakadai T., Furuoka H., Oomachi T., Kobayashi Y., Omata Y., Koyama T., Hondo E., Uzuka Y., Sarashina T., Ducusin R.J.T., Shida T., and DORF M.E.: Expression ofmRNA of chemokine receptor CXCR4 in feline mammary adenocarcinoma.   Vet. Rec. 151: 729-733   2002
  15. Hiroaki SAKAI, Yoshinori TSUSHIMA, Hideyuki NAGASAWA, R. J. T. DUCUSIN, Shigeyuki TANABE, Yuji UZUKA, and Takao SARASHINA : Cryptosporidium infection of cattle in the Tokachi district, Hokkaido.   J. Vet. Med. Sci. 65: 125-127    2003
  16. R. J. T. DUCUSIN, Masakazu NISHIMURA, Takao SARASHINA, Yuji UZUKA, Shigeyuki TANABE,and Masayuki OTANI: Phagocytosis of bovine blood and milk polymorphonuclear leukocytes afterozone gas administration in vitro.  J. Vet. Med. Sci. 65: 535-539,   2003
  17. R. J. T. DUCUSIN, Yuji UZUKA, Eiki SATOH, M. OHTANI, Masakazu NISHIMURA, Shigeyuki TANABE and Takao SARASHINA : Effects of extracellular Ca2+ phagocytosis and intracellular Ca2+ concentrations in polymorphonuclear leukocytes of postpartum dairy cows. Res. Vet. Sci. 75(1): 25-30. 2004
  18. J-Y. LEE, Y. UZUKA, S. TANABE and T. SARASHINA : Prevalence of thyroglogulin autoantibodies detected by enzyme-linked immunosorbent assay of canine serum in hypothyroid, obese and healthy dogs in Japna. Res. Vet. Sci 76: 129-132, 2004 .
  19. 田辺、茂之、古林与志安、山田一孝、村山信雄、古岡秀文、松井高峯、宇塚雄次、更科孝夫:猫の肋骨にみられた骨軟骨腫症の1症例。 日本獣医師会雑誌 57(4):249〜252、2004
  20. S, TANABE, M. YAMAGUCHI, M. IIJIMA, S. NAKAJIMA, I. SAKATA, S. MIYAKI, T. TAKEMURA,H. FURUOKA, Y. KOBAYASHI, T. MATSUI, Y. UZUKA and T. SARASHINA : Fluorescence detection of a new photosensitizer, PAD-S31, in tumor tissues and its use as a photodynamic treatment for skin tumours in dogs and a cat : a preliminary report. The Vet. J. 167:286-293. 2004
  21. J-Y. Lee, Y. UZUKA, S. TANABE, T. TAKASAWA, T. SARASHINA, and R.F. NACHREINER : Tryptic peptides of canine thyroglobulin reactive with sera of patients with caninehypothyroidism caused by autoimmune thyroiditis. Vet. Immunol. & Immunopathol. 101: 271-276. 2004
  22. 上野博史、宇塚雄次、五十嵐治、古林与志安、山田一孝、 外科手術と放射線療法を併用した犬嗅葉部髄膜腫の2症例 日獣会誌 57:657−660  2004
  23. Yamaguchi M, Tanabe S, Nakajima S, Takemura T, Ogita K, Kuwayama H, Sakata I, Miyaki S, Suzuki K, Namiki H, Uzuka Y, Sarashina T. Comparison of nonmetal and metal hydrophilic photosensitizer, ATX-S10 (Na) and ATN-2, binding with human serum proteins using spectrophotometry.Photochem Photobiol 80(2):262-266. .2004
  24. Ueno H, Shimizu J, Uzuka Y, Kobayashi Y, Hirokawa H, Ueno E, Suzuki A, Yamada K. Fibrocartilaginous embolism in a chondrodystrophoid breed dog. Aust Vet J. 2005 Mar;83(3):142-4.
  25. Tanabe S, Yamada K, Kobayashi Y, Suzuki K, Yamaguchi M, Uzuka Y, Sarashina T, Inoue M. Extra-abdominal chondrolipoma in a dog. Vet Radiol Ultrasound. 2005 Jul-Aug;46(4):306-8.
  26. Ueno H, Morimoto M, Kobayashi Y, Hizume T, Murayama N, Uzuka Y. Surgical and radiotherapy treatment of a spinal cord ependymoma in a dog. Aust Vet J. 2006 Jan-Feb;84(1-2):36-9.
  27. Sarashina T, Uzuka Y, Tanabe S, Oku Y, Watanabe Y, Kurosawa N, Nishimura M. Survey of coccidial oocysts and parasite eggs in feces of free-ranging Grus japonensis. J Vet Med Sci. 2006 Aug;68(8):873-5.
  28. Ueno, H., Miyake, T., Kobayashi, Y., Yamada, K. and Uzuka, Y.(2007) Epidural spinal myelolipoma in a dog. J Am Anim Hosp Assoc. 43 :132-135.
  29. Takahashi, E., Uzuka, Y., Tanabe, S., Satoh, M. and Furuoka, H.(2007) Serum amyloid A and haptoglobin levels in bovine amyloidosis. J Vet Med Sci. 69 :321-323.
  30. Azuma, S., Tanabe, S., Kobayashi, Y., Oomachi, T., Furuoka, H., Matsui, T., Uzuka, Y.and Sarashina, T.(2007) Expression of cyclooxygenase-2 in dogs with cystitis. Vet Rec. 160 :230-232.
  31. Lee, J.Y., Uzuka, Y., Tanabe, S., Sarashina, T., Suzuki, H. and Sato M.(2007) Cloning and characterization of canine thyroglobulin complementary DNA. Domest Anim Endocrinol. 32 :178-189.
  32. Kitagawa, M., Ueno, H., Watanabe, S., Igarashi, O., Uzuka, Y., Kanayama,K. and Sakai T.(2008) Clinical improvement in two dogs with hydrocephalus and syringohydromyelia after ventriculoperitoneal shunting. Aust Vet J. 86 :36-42.
  33. Atiba A, Nishimura M, Kakinuma S, Hiraoka T, Goryo M, Shimada Y, Ueno H, Uzuka Y.  Aloe vera oral administration accelerates acute radiation-delayed wound healing by stimulating transforming growth factor-β and fibroblast growth factor production. Am J Surg. 2011 Jun;201(6):809-18. Epub
  34. Atiba A, Ueno H, Uzuka Y.  The effect of aloe vera oral administration on cutaneous wound healing in type 2 diabetic rats.  J Vet Med Sci. 2011 May;73(5):583-9
 その他 (一部抜粋)
  1. 戸田史子、田辺茂之、宇塚雄次、更科孝夫:死産と虚弱による死亡子牛ならびに同居牛における甲状腺腫の発生. 獣医畜産新報 54:361-364  2001
  2. 八巻春美、宇塚雄次、田辺茂之、更科孝夫:十勝地方における成牛の地方病性甲状腺腫の疫学的調査.  獣医畜産新報 54:625-627  2001
  3. 宋 守博、田辺茂之、宇塚雄次、更科孝夫:北海道十勝管内の放牧牛におけるコクシジウムの感染実態. 獣医畜産新報  55:361-363 2002
  4. 更科孝夫、坂井宏明、津島良典、長沢秀行、田辺茂之、宇塚雄次:健康牛のクリプトスポリジウム汚染の実態調査.  用水と廃水  44:19-22  2002
  5. 須藤貴之、結田康一、宇塚雄次、田辺茂之、更科孝夫: 乳頭ディッピングにヨード剤を用いない農家の子牛における甲状腺腫の発生例.  獣医畜産新報  55:801-804  2002
  6. 池田達彦、田辺茂之、宇塚雄次、羽生英樹、飯島真房、八木田健司、遠藤卓郎、更科孝夫、 Cryptosporidium parvum 感染症多発農家の子牛における感染動態、 獣医畜産新報 58(8):635−638、 2005
  7. 安川邦美、松川卓哉、水越健之、松本秀文、松村晋吾、長崎鉄平、下田哲也、宇塚雄次、 甲状腺機能低下症に併発した後天性重症筋無力症の犬の1例  動物臨床医学  15:91−94 2006
  8. 小吹貴之,片山泰章,遠山稿二郎,岡村泰彦、大石明広,宇塚雄次(2012)  神経「セロイドリポフスチン症と暫定診断したチワワの2症例  獣医畜産新報 65(10):833-837

片山 泰章

1998年 日本獣医生命科学大(旧 日本獣医畜産大学)獣医畜産学部 獣医学科 卒業
2001年 ウィスコンシン大学 マディソン校 獣医学部 大学院 Madter of Science 課程修了
2001-2002年 ウィスコンシン大学 マディソン校 獣医学部臓器移植研究室 研究員
2003-2005年 一般動物病院での小動物臨床勤務医
2005年 岩手大学 農学部 獣医学科 小動物外科 助手
2009年 日本獣医生命科学大より博士(獣医学)を取得


研究領域:腎移植、臓器保存液、整形外科
 著書・訳書
  1. 片山泰章、腎生検:小動物外科学体系8、泌尿生殖器系1、24-6、インターズー、2008
  2. 片山泰章、尿管の外科手技:小動物外科学体系8、泌尿生殖器系1、36-42、インターズー、2008
  3. 片山泰章、犬の腎移植:小動物外科学体系8、泌尿生殖器系1、192-5、インターズー、2008
 総説・解説
  1. Katayama M, McAnulty JF, Renal Transplantation in cats: patient selection and preoperative management, Compend Contin Edu Pract Vet, 2002;24(11):868-73
  2. Katayama M, McAnulty JF, Renal transplantation in cats: techniques, complications, and immunosuppression, Compend Contin Edu Pract Vet, 2002; 24(11):874-82
 原著論文
  1. Torrealba JR, Katayama M, Fechner JH Jr, Jankowska-Gan E, Kusaka S, Xu Q,Schultz JM, Oberley TD, Hu H, Hamawy MM, Jonker M, Wubben J, Doxiadis G,Bontrop R, Burlingham WJ, Knechtle SJ: Metastable tolerance to rhesus monkeyrenal transplants is correlated with allograft TGF-beta 1+CD4+ T regulatory cell infiltrates. J Immunol. 2004;172(9):5753-64.
  2. Kanmaz T, Fechner JJ Jr, Torrealba J, Kim HT, Dong Y, Oberley TD, Schultz JM,Bloom DD, Katayama M, Dar W, Markovits J, Schuler W, Hu H, Hamawy MM,Knechtle SJ: Monotherapy with the novel human anti-CD154 monoclonal antibodyABI793 in rhesus monkey renal transplantation model. Transplantation. 2004;77(6):914-20.
  3. Aoki-Komori S, Shimada K, Tani K, Katayama M, Saito TR, Kataoka Y:Microbial Flora in the Ears of Healthy Experimental Beagles. Exp Animal, 56(1):67-69, 2007
  4. 佐々木崇了、谷健二、御領政信、佐藤れえ子、片山泰章、青木忍:骨転移を伴った肝細胞癌の犬の1例、日獣会誌、61(6)、467-470、2008
  5. Katayama M, Igarashi H, Tani K, Nezu Y, Harada Y, Yogo T, Hara Y, Aoki S,Tagawa M: Effect of multiple oral dosing of fluconazole on the pharmacokineticsof cyclosporine in healthy beagles. J Vet Med Sci. 2008;70(1):85-8.
  6. 木村裕哉、川畑秀伸、大島寿美子、片山泰章、前沢政次:ペットロス体験を「症候群」と称することによる影響、ヒトと動物の関係学会誌、24、63-70、2009.
  7. Kamishina H, Ogawa H, Katayama M, Yasuda J, Sato R, Tohyama K:Spontaneous regression of a cervical intraspinal cyst in a dog. J Vet Med Sci.2010;72(3):349-52.
  8. Katayama M, Igarashi H, Fukai K, Tani K, Momota Y, Kamishina H, Tagawa M:Fluconazole decreases cyclosporine dosage in renal transplanted dogs. Res Vet Sci.2010;89(1):124-5.
  9. Kamishina H, Katayama M, Okamura Y, Sasaki J, Chiba S, Goryo M, Sato R,Yasuda J: Gallbladder agenesis in a Chihuahua. J Vet Med Sci. 2010 ;72(7):959-62.
  10. Katayama M, Katayama R, Kamishina H: Effects of multiple oral dosing ofitraconazole on the pharmacokinetics of cyclosporine in cats. J Feline Med Surg.2010;12(6):512-4.
  11. Katayama M, Fukai K, Igarashi H, Tani K, Momota Y, Kamishina H, Sato K,Takahashi K, Tagawa M: Triple Drug Therapy for the Prevention of Early AcuteRenal Allograft Rejection in Dogs. Jpn J Vet Anesth Surg. 41(1), 9-16, 2010
  12. 片山泰章、栗谷川優子、岡村泰彦、高橋清、神志那弘明、大石明広、宇塚雄次: コイル状スペーサーを用いて骨盤拡張術を行った猫の1例、動物臨床医学、20(3), 95-100, 2011
  13. 佐々木 淳、辻まりこ、神志那弘明、片山泰章、御領政信:猫の大脳における組織球性肉腫の1例.日獣会誌、65(1)、P61-63、2012.
  14. Fukuoka H, Sasaki J, Kamishina H, Sato R, Yasuda J, Katayama M, Tohyama K,Ohshida M, Goryo M: Gliomatosis Cerebelli in a Saint Bernard Dog. J Comp Pathol. 2011 Oct 13. [Epub ahead of print]
  15. Katayama R, Saito J, Katayama M, Yamagishi N, Yamashita T, Furuhama K:Simplified Procedure for the Estimation of Feline Glomerular Filtration Rate Using Iodixanol. Am J Vet Res. In press.
  16. Katayama M, Okamura Y, Kamishina H, Uzuka Y: Urinary Diversion via Preputial Urethrostomy with Bilateral Pubic-Ischial Osteotomy in a Dog. Turk J Vet Anim Sci. In press.
  17. Katayama M, Nishijima N, Okamura Y, Katayama R, Yamashita T, Kamishina H,Uzuka Y: Interaction of clarithromycin with cyclosporine in cats: pharmacokinetic study and case report. J Feline Med Surg. In press.
  18. 飯田敏弘、片山泰章、岡村泰彦、大石明広、佐藤れえ子、宇塚雄次: 尿管切開術の術後管理に腎瘻チューブを用いた犬の1例. 動物臨床医学.Inpress.
  19. Katayama M, Kawakami Y, Katayama R, Shimamura S, Okamura Y, Uzuka Y.(2014) Prelimiary Study of Effects of Multiple Oral Dosing of Clarithromycin on the Pharmacokinetics of Cyclosporine in Dogs. J.Vet. Med. Sci. 76:431-433.
  20. Katayama M, Ushio T, Y, Shimamura S, Okamura Y, Uzuka Y.(2014) Prelimiary Study of Interaction of Clarithromycin with Tacrolimus in Cats. J.Vet. Med. Sci. in press.
  21. Katayama M, Okamura Y, Shimamura S, Katayama R, Kamishina H, Uzuka Y. Influence of Phosphate-Buffered Sucrose Solution on Early Graft Function in Feline Renal Autotransplantation. Res.Vet.Sci. in press
その他(商業誌など)
  1. 神志那弘明、高橋清、穴澤哲也、佐々木 一益、片山 泰章、安田準、佐藤れえ子、変性性脊髄症が疑われたウエルシュ・コーギーの1 例、Clinic note、インターズー、2009、5(5),67-71
  2. 片山泰章、股関節脱臼整復への道、Companion Animal Practice、チクサン出版社、2010、25(7)、58-68
  3. 片山泰章、猫の腎移植・成功へのシナリオ、Companion Animal Practice、チクサン出版社、2010、25(1)、8-17
  4. 片山泰章、変形性関節症を診断する1.膝関節編、メリアルマガジンアヴァン、2010、18、5-7
  5. 片山泰章、栗谷川優子、変形性関節症を診断する2.股関節編、メリアルマガジンアヴァン、2011、19、13-5
  6. 片山泰章、栗谷川優子、変形性関節症を診断する3.肘関節編、メリアルマガジンアヴァン、2011、20、11-3
 共同研究
  1. “動物臓器の0℃以下低温環境下での長時間非凍結保存の研究”、(株)ミツヤコーポレーション、大阪:期間:平成23年12月1日~平成24年11月30日
国内発表(過去5年)
(a)教育講演
  1. 片山泰章、実践的頸椎外科~岩手大学紹介症例から~、第14 回日本臨床獣医学フォーラム東北地区大会、2012 年3月、仙台
  2. 片山泰章、VT のための椎間板ヘルニア講座、第14 回日本臨床獣医学フォーラム東北地区大会、2012 年3月、仙台
  3. 片山泰章、経関節ピンニング法、第81 回獣医麻酔外科学会、2010 年1月、福岡
  4. 片山泰章、膝蓋骨脱臼および前十字靭帯断裂の病態と新しい整復法、第9回メープル小動物臨床検討会、2007 年9月、岩手
(b)国内学会発表
  1. 岡村泰彦、土赤忍、片山泰章、宇塚雄次、西田英司、土屋弘行、液体窒素処理骨を用いた下顎再建:口腔内腫瘍の犬の1例、平成23年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会、2012年2月、北海道
  2. 片山泰章、西島典子、岡村泰彦、小南慎二、宇塚雄次、猫におけるシクロスポリンの薬物動態および投与量に対するクラリスロマイシンの影響、第32 回動物臨床医学会年次大会、2011年11月、大阪
  3. 飯田敏弘、片山泰章、岡村泰彦、佐藤れえ子、大石明広、宇塚雄次、尿管切開術の術後管理に腎瘻チューブを用いた犬の1例、第32回動物臨床医学会年次大会、2011年11月、大阪
  4. 小吹貴之、松田奈穂子、片山泰章、岡村泰彦、大石明広、宇塚雄次、神経セロイドリポフスチン症を疑ったチワワ2例の共通所見、第13回メープル小動物臨床検討会、2011年10月、青森
  5. 藤江香予、茂木朋貴、片山泰章、宇塚雄次、岡村泰彦、犬リンパ腫細胞株に対するカフェインの抗がん剤増感効果の検討、第149回日本獣医学会学術集会、2011年9月、大阪
  6. 茂木朋貴、磯部竜也、小畑敦俊、藤江香予、片山泰章、宇塚雄次、岡村泰彦、犬腫瘍細胞株に対するカフェインの放射線増感効果に関する研究、第149回日本獣医学会学術集会、2011年9月、大阪
  7. 西島典子、磯村洋、荻野朋子、片山泰章、宇塚雄次、大石明広、岡村泰彦、肝胆管嚢胞腺腫に対し部分肝葉切除を行った犬の1例、第82回獣医麻酔外科学会、2011年6月、埼玉
  8. 藤江香予、片山泰章、岡村泰彦、岩井聡美、神志那弘明、大石明広、宇塚雄次、末期腎不全罹患猫に腎移植を実施した一例、第12回メープル小動物臨床検討会、2010年10月、宮城
  9. 片山泰章、多川政弘、犬腎移植におけるフルコナゾールのシクロスポリン投与量に及ぼす影響、第30回動物臨床医学会年次大会、2010年11月、大阪
  10. 山口基、神志那弘明、片山泰章、山口俊男、犬の四丘体槽クモ膜嚢胞の一例、平成22年度東北地区獣医師大会、2010年9月、秋田
  11. 片山泰章、岡村泰彦、神志那弘明、大石明広、宇塚雄次、腎移植を実施した実験猫の1例、第11回メープル小動物臨床検討会、2009年10月、岩手
  12. 小畠結、神志那弘明、片山泰章、百田豊、佐藤れえ子、安田準、植村隆司、Shaw Gerry、犬ニューロフィラメント(NF‐H)の測定:測定系の確立と脊髄損傷バイオマーカーとしての意義、第147回日本獣医学会学術集会、2009年4月、栃木
  13. 穴澤哲也、片山泰章、岡村泰彦、片山理恵子、佐藤かつ江、山下哲郎、高橋公正、古濱和久、ネコ腎移植におけるりん酸緩衝ショ糖液(PBS)の移植腎保護効果に関する検討、第147回日本獣医学会学術集会、2009年4月、栃木
  14. 神志那弘明、小畠結、片山泰章、百田豊、佐藤れえ子、安田準、王寺隆、植村隆司、Shaw Gerry、犬の脊髄損傷における血中および脳脊髄液中ニューロフィラメント(NF-H) の測定、平成20年度日本獣医師会学会年次大会、2009年1月、岩手
  15. 穴澤哲也、片山泰章、岡村泰彦、大石明広、神志那弘明、山手寛嗣、膝蓋骨内方脱臼を伴う前十字靭帯断裂症に対しTibial Tuberosity Advancement(TTA)を適用した犬の1例、第10回メープル小動物臨床検討会、2008年10月、岩手
  16. 浅田慎也、神志那弘明、片山泰章、佐々木一益、安田準、佐藤れえ子、千馬智、ウォブラー症候群の犬の一例、 第10回メープル小動物臨床検討会、2008年10月、岩手
  17. 神志那弘明、小畠結、片山泰章、百田豊、佐藤れえ子、安田準、王寺隆、植村隆司、Shaw Gerry、犬の脊髄損傷における血中および脳脊髄液中ニューロフィラメント(NF-H)の測定、平成20年度東北地区獣医師大会、2008年10月、宮城
  18. 松本洋介、百田豊、片山泰章、生澤充隆、野水基義、宇谷厚志、谷健二、ラミニン-1活性部位由来合成ペプチドAG73の角膜創傷治癒活性について、第145回日本獣医学会学術集会、2008年3月、
  19. 深井和紘、片山泰章、五十嵐宏之、佐藤かつ江、谷健二、百田豊、大石明広、高橋公正、多川政弘、犬の腎移植におけるシクロスポリン/ミコフェノール酸モフェティル/プレドニゾロンの3剤併用免疫抑制プロトコールの急性拒絶反応防止効果、第75回獣医麻酔外科学会、2007年12月、宮城
  20. 深井和紘、片山泰章、五十嵐宏之、谷健二、百田豊、大石明広、高橋公正、多川政弘 、犬の腎移植シクロスポリン/ミコフェノール酸モフェティル/プレドニゾロン3剤併用免疫抑制プロトコールの急性拒絶反応抑制効果 、第9回メープル小動物臨床検討会、2007年9月、岩手

福井 大祐

1998年      北海道大学 獣医学部 獣医外科学教室卒業
1998-1999年    草津犬猫病院(滋賀県) 勤務医
1999-2012年    旭川市旭山動物園 飼育展示係 獣医師のち係長
2008年-      北海道大学非常勤講師
2009-2011, 2013, 2014年 岐阜大学非常勤講師
2010-2016年   帯広畜産大学非常勤講師
2011-2015年   東京農業大学非常勤講師
2012-2013年   酪農学園大学 附属動物病院麻酔科 研修医
2013-2016年9月 NPO法人EnVision環境保全事務所 研究員
2014年-     酪農学園大学非常勤講師
2015-2016年   北海道大学大学院獣医学研究科客員研究員
2016年      北海道大学より博士号(獣医学)取得
2016年      岩手大学 農学部 共同獣医学科 小動物外科学研究室 准教授


日本野生動物医学会認定専門医(動物園動物医学)
研究領域:動物園動物医学、野生動物学、保全医学、軟部外科学、麻酔疼痛管理学
 著書・訳本
  1. 福井大祐:猛禽類. p. 127-152, 野生動物のレスキューマニュアル, 文永堂出版, 2006.
  2. 福井大祐:33-37章(単孔目,有袋類,食虫目および皮翼目,翼手目,原猿亜目). p. 302-356, 野生動物の医学, 文永堂出版, 2007.
  3. 福井大祐:カラス先生に学ぶ人と野生動物の関わり. p. 94-103/ 94-103/ 114-123,生命を考える授業 動物が教えてくれること 小学校低/ 中/ 高学年, ルック, 2007.
  4. 福井大祐:母と子の「いのち」のきづな. p. 18-21,いのちとむきあう 4 うまれるいのち 誕生, 草土文化, 2008.
  5. 福井大祐:けんめいにつなぐ「いのち」. p. 18-21,いのちとむきあう 3 つながるいのち いのちのリレー, 草土文化, 2008.
  6. 福井大祐:大人へと変化する動物たち. p. 18-21,いのちとむきあう 2 ひろがるいのち 青年・おとな, 草土文化, 2008.
  7. 福井大祐:生きる方法を学ぶ,子どもたち,いのちとむきあう 1 のびるいのち 子ども. p. 18-21, 草土文化, 2008.
  8. 福井大祐:12章 カモ類,ガン類,ハクチョウ類/ 24章 フクロウ. p. 141-156/ p. 293-302,鳥類の人工孵化と育雛, 文永堂出版, 2009.
  9. 福井大祐:第11章 健康. p. 379-401,動物園学, 文永堂出版, 2011.
  10. 福井大祐:野生動物のリハビリテーション 哺乳類. p. 205-217,獣医学・応用動物科学系学生のための野生動物学, 文永堂出版, 2013.
  11. 福井大祐:哺乳類の飼育管理における新興感染症と人と動物の共通感染症. p. 79-88, 動物園動物管理学, 文永堂出版, 2014.
  12. 福井大祐:動物園の獣医学 各論 外科学/ 麻酔学. p. 106-109/ p. 117-121,動物園学入門, 朝倉書店, 2014.
  13. 福井大祐:野生動物のリハビリテーション 総説/哺乳類. p. 103-111,コアカリ 野生動物学 獣医学教育モデル・コア・カリキュラム, 文永堂出版, 2015.
  14. 福井大祐:餌づけがもたらす感染症伝播-スズメの集団死の事例から. p. 167-177,野生動物の餌付け問題―善意が引き起こす- 生態系撹乱・鳥獣害・感染症・生活被害, 地人書館, 2016.
 総説・解説
  1. 福井大祐:生物多様性の保全を目指した野生動物の人工繁殖と細胞保存-地球の健康を守るため動物園水族館ができること-.日本野生動物医学会誌 11,1-10,2006.
  2. 福井大祐:展示動物の福祉-人を魅了するため野生動物医学を取り入れた健康管理.日本野生動物医学会誌 15,15-24,2010.
  3. 福井大祐:人と野生動物の関わりと感染症-野鳥大量死と餌付けを例に. 日本野生動物医学会誌 18,41-48,2013.
  4. 福井大祐:On Zoo grounds; 動物園展示動物のバイオセキュリティとしての野生動物感染症のモニタリング. 日本野生動物医学会誌 19,105-112,2014.
 学術論文
  1. Furuya,K., Fukui,D., Yamaguchi,M., Nakaoka,Y., Bando,G. and Kosuge,M.:Isolation of Encephalitozoon cuniculi using primary tissue culture techniques from a rabbit in a colony showing encephalitozoonosis. Vet. Med. Sci. 63, 203-206, 2001.
  2. Fukui,D., Bando,G., Kosuge,M., Yamaguchi,M., Shibahara,T. and Kadota,K.: Malignant melanoma of the eyelid in a red squirrel (Sciurus vulgaris orientis). J. Vet. Med. Sci. 64, 261-264, 2002.
  3. 福井大祐,村田浩一,坂東元,小菅正夫,山口雅紀:輸入キンメフクロウに認められた血液原虫混合感染例に対する治療試験. 日獣会誌 55, 673-678, 2002.
  4. 福井大祐,坂東元,小菅正夫,山口雅紀,中岡祐司,古屋宏二,村田浩一:動物園飼育カイウサギにみられたエンセファリトゾーン症の臨床および病理学的検索. 日獣会誌 56, 464-469, 2003.
  5. Yamamoto,S., Yokota,T., Fukui,D., Shibahara,T., Ishikawa,Y. and Kadota,K.: Foci of altered hepatocytes in a fox squirrel (Sciurus niger) with haemochromatosis. J. Comp. Pathol. 131, 237-241, 2004.
  6. Yamamoto,S., Fukui,D., Yokota,T., Hikita,M., Ishikawa,Y., Shibahara,T. and Kadota,K.: Pathological study of naturally occurring adenocarcinomas demonstrating differentiation in ducks. Avian Pathol. 33, 581-585, 2004.
  7. Hasegawa,H., Ikeda,Y., Diaz-Aquino,J.J. and Fukui,D.: Redescription of two pinworms from the black-handed spider monkey, Ateles geoffroyi, with reestablishment of Oxyuronema and Buckleyenterobius (Nematoda: Oxyuroidea). Comp. Parasitol. 71, 166-174, 2004.
  8. Kanou,Y., Fukui,D., Yamamoto,S., Shibahara,T., Ishikawa,Y. and Kadota,K.: Gastroinvasive helicobacter infection in an ocelot (Leopardus pardalis). J. Comp. Pathol. 133, 281-285, 2005.
  9. Nakano,T., Fukui,D., Ikeda,Y. and Hasegawa,H.: Effects on repeated anthelmintic treatment of Enterobius vermicularis infection in chimpanzees. J. Parasitol. 91, 679-682, 2005.
  10. Fukui,D., Bando,G., Yamaguchi,M., Ochiai,K., Shibahara,T. and Kadota,K.: Metachronous occurrence of mammary adenocarcinoma and another malignancy in western European hedgehogs (Erinaceus europaeus). Jpn. J. Zoo. Wildl. Med. 11, 19-24, 2006.
  11. Sassa,Y., Fukui,D., Takeshi,K. and Miyazawa,T.: Neutralizing anitibodies against feline parvoviruses in nondomestic felids inoculated with commercial inactivated polyvalent vaccines. J. Vet. Med. Sci. 68, 1195-1198, 2006.
  12. Fukui,D., Bando,G., Ishikawa,Y. and Kadota,K.: Adenosquamous carcinoma with cilium formation, mucin production and keratinization in the nasal cavity of a red fox (Vulpes vulpes schrencki). J. Comp. Pathol. 137, 142-145, 2007.
  13. Matsuura,Y., Suzuki,M., Yoshimatsu,K., Arikawa,J., Takashima,I., Yokoyama,M., Igota,H., Yamauchi,K., Ishida,S., Fukui,D., Bando,G., Kosuge,M., Tsunemitsu,H., Koshimoto,C., Sakae,K., Chikahira,M., Ogawa,S., Miyamura,T., Takeda,N. and Li,T.C.: Prevalence of antibody to hepatitis E virus among wild sika deer, Cervus nippon, in Japan. Arch. Virol. 152, 1375-1381, 2007.
  14. Kitao,N., Fukui,D., Hashimoto,M. and Osborne,P.G.: Overwintering strategy of wild free-ranging and enclosure-housed Japanese raccoon dogs (Nyctereutes procyonoides albus). Int. J. Biometeorol. 53, 159-165, 2009. equally contributed.
  15. Yonezawa,T., Fukui,D., Nakamura,R., Bando,G., Endo,H., Sasaki,M. and Hasegawa,M.: A case study of the molecular genetical diagnosis of a small African elephant (Loxodonta sp.) “Nana” kept at Asahiyama Zoo. Mamm. Study. 34, 171-177, 2009.
  16. Nonaka,N., Sano,T., Inoue,T., Armua,M. T., Fukui,D., Katakura,K. and Oku,Y.: Multiplex PCR system for identifying the carnivore origins of faeces for an epidemiological study on Echinococcus multilocularis in Hokkaido, Japan. Parasitol. Res. 106, 75-83, 2009.
  17. Yanagawa,Y., Matsuura,Y., Suzuki,M., Saga,S., Okuyama,H., Fukui,D., Bandou,G., Katagiri,S., Takahashi,Y. and Tsubota,T.: Fetal age estimation of Hokkaido sika deer (Cervus nippon yesoensis) using ultrasonography during early pregnancy. J. Reprod. Dev. 55, 143-148, 2009.
  18. Sakamoto,K.Q., Sato,K., Kato,A., Fukui,D., Bando,G., Naito,Y., Habara,Y., Ishizuka,M. and Fujita, S.: Metabolic alkalosis due to feeding chicks in breeding Adelie penguins Pygoscelis adeliae under natural conditions. Physiol. Biochem. Zool. 83, 232-238, 2010.
  19. Kitao,N., Fukui,D., Shibata,H., Saito,M., Osborne,P.G. and Hashimoto,M.: Seasonality and fasting effect in raccoon dog Nyctereutes procyonoides serum leptin levels determined by canine leptin-specific enzyme-linked immunosorbent assay. J. Exp. Zool. A. Ecol. Genet. Physiol. 315, 84-89, 2011.
  20. Okuyama,M.W., Shimozuru,M., Takahashi,N., Fukui,D., Nakamura,R. and Tsubota,T.: Seasonal changes in spermatogenesis and peripheral testosterone concentration in raccoons (Procyon lotor) in Hokkaido. J. Vet. Med. Sci. 74, 727-732, 2012.
  21. Tsubouchi,A., Fukui,D., Ueda,M., Tada,K., Toyoshima,S., Takami,K., Tsujimoto,T., Uraguchi,K., Raichev,E., Kaneko,Y., Tsunoda,H. and Masuda, R.: Comparative molecular phylogeny and evolution of sex chromosome DNA sequences in the family Canidae (Mammalia: Carnivora). Zoolog. Sci. 29, 151-161, 2012.
  22. Suzuki,K., Noda,J., Yanagisawa,M., Kawazu,I., Sera,K., Fukui,D., Asakawa,M. and Yokota,H.: Particle-induced X-ray emission analysis of elements in plasma from wild and captive sea turtles (Eretmochelys imbricate, Chelonia mydas, and Caretta caretta) in Okinawa, Japan. Biol. Trace. Elem. Res. 148, 302-308, 2012.
  23. Suzuki,K., Noda,J., Yanagisawa,M., Kawazu,I., Sera,K., Fukui,D., Aasakawa,M. and Yokota,Y.: Relationships between carapace sizes and plasma major and trace element status in captive hawksbill sea turtle (Eretmochelys imbricata). J. Vet. Med. Sci. 74, 1677-1680, 2012.
  24. Fukui,D., Bando,G., Furuya,K., Yamaguchi,M., Nakaoka,Y., Kosuge,M. and Murata,K.: Surveillance for an outbreak of Encephalitozoon cuniculi infection in rabbits housed at a zoo and biosecurity countermeasures. J. Vet. Med. Sci. 75, 55-61, 2013.
  25. Fukui,D., Nagano,M., Nakamura,R., Bando,G., Nakata,S., Kosuge,M., Sakamoto,H., Matsui,M., Yanagawa,Y. and Takahashi,Y.: The effects of frequent electroejaculation on the semen characteristics of a captive Siberian tiger (Panthera tigris altaica). J. Reprod. Dev. 59, 491-495, 2013.
  26. Okuyama,M.W., Shimozuru,M., Abe,G., Nakai,M., Sashika,M., Shimada,K., Takahashi,N., Fukui,D., Nakamura,R. and Tsubota,T.: Timing of puberty and its relationship with body growth and season in male raccoons (Procyon lotor) in Hokkaido. J. Reprod. Dev. 59, 361-367, 2013.
  27. Hirata,D., Mano,T., Abramov,A.V., Baryshnikov,G.F., Kosintsev,P.A., Vorobiev,A.A., Raichev, E.G., Tsunoda,H., Kaneko,Y., Murata,K., Fukui,D. and Masuda,R.: Molecular phylogeography of the brown bear (Ursus arctos) in Northeastern Asia based on analyses of complete mitochondrial DNA sequences. Mol. Biol. Evol. 30, 1644-1652, 2013.
  28. Fukui,D., Takahashi,K., Kubo,M., Une,Y., Kato,Y., Izumiya,H., Teraoka,H., Asakawa,M., Yanagida,K. and Bando G.: Mass mortality of Eurasian Tree Sparrows (Passer montanus) from Salmonella Typhimurium DT40 in Japan, winter 2008-09. J. Wildl. Dis. 50, 484-495, 2014.
  29. Yanagawa,Y., Matsuura,Y., Suzuki,M., Saga,S., Okuyama,H., Fukui,D., Bando,G., Nagano,M., Katagiri,S., Takahashi,Y. and Tsubota,T.: Accessory corpora lutea formation in pregnant Hokkaido sika deer (Cervus nippon yesoensis) investigated by examination of ovarian dynamics and steroid hormone concentrations. J. Reprod. Dev. 61, 61-66, 2015.
  30. Sakaguchi,S., Shojima,T., Fukui,D. and Miyazawa,T.: A soluble envelope protein of endogenous retrovirus (FeLIX) present in serum of domestic cats mediates infection of a pathogenic variant of feline leukemia virus. J. Gen. Virol. 96, 681-687, 2015.
  31. Fukui,D., Nakamura,M., Yamaguchi,T., Takenaka,M., Murakami, M., Yanai, T., Fukushi, H.,Yanagida,K., Bando,G., Matsuno,K., Nagano,M., and Tsubota,T.: An epizootic of emerging novel avian pox in Carrion Crows (Corvus corone) and Large-billed Crows (Corvus macrorhynchos) in Japan. J. Wildl. Dis. 52, 230-241, 2016.
 その他(商業誌など)
  1. 福井大祐,廉澤剛,浅野和之,落合謙爾,相川剛,奥村正裕,藤永徹:原発悪性組織球症のイヌの一例.北獣会誌 2,321-323. 1998.
  2. 福井大祐,松田みゆき,吉本憲史:エンセファリトゾーン研究会(Ez研). エキゾチックペット研究会誌 4,10-13.2002.
  3. 福井大祐,村田浩一,坂東元,小菅正夫,山口雅紀:輸入キンメフクロウに認められた3種の血液原虫感染.北獣会誌 46, 10-12, 2002.
  4. 福井大祐:ウサギのエンセファリトゾーン症(1)病態から診断まで. VEC 1,16-20.2003.
  5. 福井大祐,吉本憲史,酒井直治:ウサギのエンセファリトゾーン症(2)治療,看護および予防. VEC 1,22-27.2003.
  6. 吉川温子,小宮輝之,小林和夫,今野誠一,平賀真紀,福井大祐,朝倉卓也,河西賢治,牧野敬,宮下実,金城輝雄,木村順平,村田浩一:クマ科動物被毛に関する形態学的研究.動物園水族館雑誌 46:81-91,2005.
  7. 福井大祐,坂東元,小菅正夫:関節制動術によるマガンの膝関節脱臼治療例およびドバトを用いた治療試験.日本野生動物医学会誌 10,49-52,2005.
  8. 福井大祐:再考!新時代の傷病野生動物救護-野生動物と人の適正な関わりと生物多様性保全を目指して.モーリー 21,38-41.2009.
  9. 福井大祐,中村亮平,坂東元:ペンギンの臨床-予防医学と治療学の現状, 次の高度医療を目指して-.獣医畜産新報 JVM 62,555-560.2009.
  10. 柳井徳磨, 中村涼子, 村上麻美, 平田暁大, 酒井洋樹, 福井大祐:ペンギン目の病理学的背景, 次の高度医療を目指して-.獣医畜産新報 JVM 62,561-568.2009.
  11. 福井大祐:“保全医学拠点” 動物園発の感染症研究-楽しい動物観察・学習をサポートし,生態系の健康を守るために-.獣医畜産新報 JVM 59,821-826.2009.
  12. 福井大祐:[私の職場紹介(12)] 旭川市旭山動物園.北海道獣医師会雑誌 53,38-41.2009.
  13. 福井大祐:動物園での環境エンリッチメントの活用. アニテックス 22,4-9,2010.
  14. 福井大祐:人と野生動物の関わりから考える一つの地球,一つの健康.北海道野鳥だより 166,4-7,2011.
  15. 高見一利,渡邊有希子,坪田-男,福井大祐,大沼学,山本麻衣,村田浩一:野生動物の感染症管理にどのように取り組むべきか. 日本野生動物医学会誌 17,33-42,2012.
  16. 福井大祐,中村亮平,佐藤伸高,坂東元,山下和人:野生動物および展示動物への輸液.獣医畜産新報 JVM 65,737-742,2012.
  17. 西川清文,森 昇子,白木雪乃,佐藤伸高,福井大祐,長谷川英男,浅川満彦:国内外来種として北海道に定着したアズマヒキガエルBufo japonicus formosusの寄生蠕虫類. 日本野生動物医学会誌 19, 27-29,2014.
  18. 森光由樹,福井大祐:特集:法改正に伴う野生動物医学の役割と未来~大きな変換期を迎えた野生動物対策~.野生動物医学会誌 21, 71-72, 2016. equally contributed.
  19. 福井大祐:動物園動物に感染する野生動物感染症およびバイオセキュリティ.獣医畜産新報 JVM 69,737-745,2016.
 受賞
  1. 2004年9月9日 平成15年度日本獣医三学会北海道地区にて北海道獣医師会長賞受賞 「1動物園5年間の傷病野生動物保護と個体有効活用についての検討〜野生動物保護,研究と教育啓蒙のすすめ」(2003年9月11日発表)
  2. 2004年9月17日 第10回日本野生動物医学会大会にてベストポスター賞受賞 「一動物園五年間の人と動物の共通感染症の発生記録および対策」
  3. 2005年2月11日 平成16年度日本獣医師会獣医学術奨励賞「学術賞」(小動物部門)受賞 「動物園飼育カイウサギにみられたエンセファリトゾーン症の臨床および病理学的検索」,日獣会誌,7,464-469(2003)
  4. 2008年9月5日 第14回日本野生動物医学会大会にてベストポスター賞受賞 「札幌圏のカラス類で大量発症した鳥ポックスウイルス感染症 ~身近な野鳥の保全医学研究」
  5. 2009年9月3日 平成20年度日本獣医三学会北海道地区にて北海道獣医師会長賞受賞 「エゾタヌキは冬眠せずに秋に蓄えた脂肪をエネルギーに変えて越冬する」(2008年9月12日発表)
  6. 2009年9月6日 第15回日本野生動物医学会大会にてベストプレゼンテーション賞受賞 「オオカミの皮膚欠損創に対する遊離皮膚片を用いた移植手術例」
  7. 2010年9月9日 平成21年度日本獣医三学会北海道地区にて北海道獣医師会長賞受賞 「上川地域で発生したサルモネラ感染症によるスズメ(Passer montanus)の集団死」(2009年9月11日発表)