研究活動:19942007                Home

牛乳、その他に関するもの(原著論文および総説・解説)


三上正幸、Nguyen Hien Trang, 島田謙一郎、関川三男、福島道弘、小野伴忠2007

豚肉発酵調味料”肉醤”の性質、日本食品科学工学会誌, 54(4), 152-159.

 

Hidemitsu Uchisawa, Tetsushi Naraoka, Tomotada Ono (2007)  

    A novel ornithine-containing tripeptide isolated from the extract of the brackish-water bivalve

    corbicula japonica. Biochimica et Biophysica Acta, 1770, 790796.

 

N. H. Trang, K. Shimada, M. Sekikawa, T. Ono and M. Mikami (2005)

   Fermentation of meat with koji and commercial enzymes, and property of its extract.

   J. Sci. Food Agric., 85 (11),  1829-1837.

 

小野伴忠 (2005)

乳タンパク質におけるカルシウム動態とその応用

Milk Science, 54, 53-62.

 

H. Uchisawa, A. Sato, J. Ichita, H. Matsue, and T. Ono (2004)

    Influence of Low-temperature Processing of the Brackish-water Bivalve, Corbicula japonica,

    on Ornithine Content of its Extract. Biosci.Biotech. Biochem. 68 (6), 1228-1234.

 

塚本知玄,浅野浩正,小野伴忠 (2003)

生乳輸送における衛生管理と品質変化:タンクローリーとソフトタンクシステムとの比較検討.

 Milk Science, 52: 127-136.

 

T. Ono, M. Yoshida, H. Tanaami, and H. Ohkoshi (1999)
Changes in casein micelle size induced by heating.
Int. Dairy J. 9: 405-406.

小野伴忠 (1999
牛乳と豆乳におけるタンパク質会合体.
New Food Industry 41: 65-78.

T. Ono, Y. Takagi and I. Kunishi (1998)
 Casein phosphopeptides from casein micelles by successive digestion with pepsin and trypsin.
 Biosci. Biotech. Biochem. 62: 16-21.

小野伴忠 (1997)
 国際会議Hannahカゼインシンポジウムに出席して.
 ミルクサイエンス 46: 133-135.

T. Ono, T. Ohotawa, and Y. Takagi (1995)
 Properties of Casein Phosphopeptides Prepared from Casein Micelles by a Simple Preparation Method.
 Biosci. Biotech. Biochem. 59, 510-511.

T. Ono, T. Ohotawa, and Y. Takagi (1994)
 Complexes of Casein Phosphopeptide and Calcium Phosphate Prepared from Casein Micelles by Tryptic Digestion.
 Biosci. Biotech. Biochem., 58, 1376-1380.

小野伴忠 1994
 カルシウム摂取における乳、カゼインミセルの役割とカゼインホスホペプチドについて
 酪農科学・食品の研究 43: A 66-71.

     戻る

 

牛乳に関するもの発表,1996-2005)=         Home

小野伴忠,高倉美鶴 (2005)

牛乳カード形成における脂質とタンパク質の結合

日本食品科学工学会第52回大会講演集 :155 (札幌)8月

 

菅原和郎, 佐藤鈴子, 小野伴忠(2002)

 カゼインの高次構造はカゼインホスホペプチドの生成に影響を与える

日本農芸化学会東北・北海道支部,日本生物工学会北日本支部合同支部大会講演要旨集:31(仙台),10

 

中里 勝彦,塚本 知玄,三上 正幸,小野 伴忠 (2002)

赤外分光法(FT-IR)を用いた牛乳中主要成分の迅速な含量測定

日本農芸化学会2002年度大会講演要旨集:242 (仙台),3月

 

鈴木佳代子,小野伴忠 (2001)

ホスビチンを用いたミセル形成について

日本農芸化学会東北支部大会講演要旨集:(3) 14(鶴岡),10

 

菅原和郎,小野伴忠 (2001)

カゼインより生成するペプチド

日本食品科学工学会第48回大会講演集 :87(高松)9月

 

鈴木佳代子,小野伴忠  (2000)

ホスビチンおよびカゼインの加熱による変化

日本食品科学工学会東北支部大会講演集 :18 (盛岡),10

 

万代 渉,鈴木佳代子,小野伴忠 (2000)

加熱によるカゼインの脱リンについて
日本食品科学工学会第47回大会講演集 :132(東京),3月

万代 渉、高橋純子、小野伴忠 (1999)
各種カゼインの加熱による脱リンについて
日本農芸化学会北海道・東北支部合同学術講演会講演要旨:54(札幌),10

小野伴忠 (1999)
食品とペプチド
岩手県食品技術講習会,(盛岡),1月

国司 功,万代 渉,小野 伴忠(1998)
各種加熱処理乳から調製したカゼインホスホペプチド
農化 72 ()(講演要旨):100 (名古屋),4

小野伴忠 (1998)
バイオテクノロジーと食品
平成10年度東北地区勤労青少年ホーム連絡協議会研修会,(盛岡),5月

吉田 美雪,小野 伴忠(1997)
牛乳中カゼインミセルの加熱による巨大化の機構
農化 71 ()(講演要旨):318 (東京),4

国司 功,万代 渉,小野 伴忠(1997)
各種加熱処理乳から調製したカゼインホスホペプチドの組成変化
農化 71 ()(講演要旨):318 (東京),4

T.Ono,M.Yoshida,H.Tanaami,and H.Ohkoshi(1997)
Changes in casein micelle size due to heating
The proceedings of Hannah Symposium - Casein and Caseinates
 Structures,
Interactions, Networks, (Hannah research institute,
 Scotland , U.K.), May.

国司 功,小野 伴忠(1997)
各種加熱処理乳から調製したカゼインホスホペプチド
日本農芸化学会東北支部講演要旨 2: 30(盛岡),10

小野伴忠 (1997)
牛乳と豆乳におけるタンパク質会合体
24回食品の物性に関するシンポジウム講演要旨集:37-40(広島),11

吉田美雪,田名網宏,小野伴忠(1996)
各種加熱処理牛乳中タンパク質の存在形態の変化
農化 70 ()(講演要旨):181 (京都),4

小野 伴忠,早坂 長英,日下部 洋子(1996)
α
S1-カゼイン由来フォスフォペプチドの生成機構について
農化 70 ()(講演要旨):181 (京都),4月

.  戻る