研究活動:                         Home

豆乳・豆腐に関するもの原著論文および総説・解説 19912017


小野伴忠 (2017)
 豆腐および豆乳のための豆乳コロイドの生成,食品科学工学会誌,64(4), 220-225
.

小野伴忠 (2017)
 大豆の食品加工について,食品の包装,48(2), 29-35.

Chen, Y., Ono, T. (2014)
 Protein particle and soluble protein structure in prepared soymilk
 Food Hydrocolloids 39, 120-126.


Chen, Y., Ono, T. (2010)
 The Mechanisms for Yuba Formation and Its Stable Lipid.
 J. Agric. Food Chem., 58 (10), 6485-6489.

 

Chen, Y., Ono, T  (2010)

Simple Extraction Method of Non-allergenic Intact Soybean Oil Bodies That Are Thermally Stable in an Aqueous Medium. 
J. Agric. Food Chem., 58, 7402-7407.

 

Onodera, Y., Ono, T., Nakasato, K. and Toda, K. (2009)

   The homogeneous and finer structure of tofu is depend on both the 11S/7S protein ratio in soymilk and coagulant concentration.
   Food Sci. Tech. Res., 15(3), 265-274.

 

Chen, Y., Yamaguchi, S., Ono, T  (2009)

    The Mechanism of the Chemical Composition Changes of Yuba Prepared by a Laboratory Processing Method.
 J. Agric. Food Chem., 57, 3831-3836.

 

小野伴忠 (2008)

   豆乳・豆腐から見えてきた新技術, 食品工業, 51(14): 50-56.

 

小野伴忠 (2008)

   大豆から豆乳・豆腐が生成する機構とそれに影響を与える諸因子, 食科工, 55 (2): 39-48.

 

T. Isiguro, T. Ono, and K. Nakasato (2008)

   The Localization of Phytate in Tofu Curd Formation and Effects of Phytate on Tofu Texture,

 J. food    Sci., 73 (2), C67- 71

 

Kyoko Toda, Kyoko Chiba, and Tomotada Ono (2007)

    Effect of Components Extracted from Okara on the Physicochemical Properties of Soymilk and

   Tofu Texture.  J. Food Sci., 72 (2), C108-113.

 

Takahiro Ishiguro, Tomotada Ono, Takahiro Wada, Chigen Tsukamoto, and Yuhi Kono (2006)

    Changes in Soybean Content as a Result of Field Growing Conditions and Influence on Tofu

    Texture. Biosci. Biotech. Biochem. 70(4): 874-880.

 

K. Toda, K. Takahashi, T. Ono, K. Kitamura and Y. Nakamura (2006)

Variation in the phytic acid content of soybeans and its effect on consistency of tofu made
 from soybean varieties with high protein content.  J. Sci. Food Agric., 86(2), 212
219.

 

Guo S-T and Ono T (2005)

  The Role of Composition and Content of Protein Particles in Soymilk on Tofu

  Curding by Glucono-d-lactone or Calcium Sulfate.

    J. Food Sci., 70 (4), C258-262.

 

T. Ishiguro, T. Ono, K. Nakasato, and C. Tsukamoto (2005)

    Rapid Measurement of Phytate in Soy Products by Mid-infrared Spectroscopy.

    J. Food Sci., 70 (1), 63-66.

 

A. al Mahfuz, C. Tsukamoto, S. Kudo, and T. Ono (2004)

Changes of Astringent Sensation of Soy Milk during Tofu Curd Formation.

J. Agric. Food Chem., 52(23), 7070-7074.

 

H. Uchisawa, A. Sato, J. Ichita, H. Matsue, and T. Ono (2004)

    Influence of Low-temperature Processing of the Brackish-water Bivalve, Corbicula japonica,

    on Ornithine Content of its Extract. Biosci. Biotech. Biochem. 68 (6), 1228-1234.

 

K. Nakasato, T. Ono, T. Ishiguro, M. Takamatsu, C. Tsukamoto, and M. Mikami (2004)

    Rapid Quantitative Analysis of the Major Components in Soymilk by Using Fourier-transform

    Infrared Spectroscopy (FT-IR).  Food Sci. Tech. Res., 10 (2), 161-166.

 

M. Tezuka, K. Yagasaki and T. Ono (2004)

Changes in characters of soybean glycinin group I, IIa, and IIb caused by heating.

      J. Agirc, Food Chem., 52 (6), 1693-1699.

 

K. Toda, T. Ono, K. Kitamura, M. Hajika, K. Takahashi and Y. Nakamura (2004)

    Relationships of the contents of protein and phytic acid in soybeans to the

    consistency of tofu.    Proceedings of ISPUC-W, 1047-1054.

 

A. Al Mahfuz, C. Tsukamoto, and T. Ono (2004)

    The decrease mechanism of undesirable astringent taste in soymilk during tofu curd formation

    Proceedings of ISPUC-W, 1039-1046.

 

魚住恵、塚本知玄、小野伴忠 (2004)

調理加熱中の人参軟化に及ぼす大豆添加の影響.食工誌 41: 142-148.

 

K. Toda, T. Ono, K. Kitamura, M. Hajika, K. Takahashi and Y. Nakamura (2003)

    Seed Protein Content and Consistency of Tofu Prepared with Diffrent Magnesium Chloride

Concentration in Six Japanese Soybean Varieties. Breeding Science, 53: 217-223.

 

T. Ishiguro, T. Ono, K. Nakasato, C. Tsukamoto, and S. Shimada (2003)
 Rapid Measurement of Phytate in Raw Soymilk by Mid-infrared Spectroscopy. 
Biosci. Biotech. Biochem. 67, 752-757.

 

Guo S.-T, C. Tsukamoto, K. Takahasi, K. Yagasaki, Nan Q.-X, and T. Ono (2002)  
    Incorporation of Soymilk Lipid into Soy-protein Coagulum by the Addition of Calcium
   
    Chloride.  J. Food Sci., 67, 3215-3219.

 

T. Ono (2000)
   
The mechanisms of curd formation from soybean milk to make a stable lipid food.
    Proceedings of ISPUC-
V, 51-52.

 

C. Tsukamoto, K. Abe, T. Yoshida and T. Ono (2000)
   
Characteristics of lipid/protein complexes after different methods of soymilk production.
   
Proceedings of ISPUC-V, 321-322.

 

M. Tezuka, K. Yagasaki, and T. Ono (2000)
    Changes in characters of soybean glycinin group
T,Ua and Ub by heating.
    Proceedings of ISPUC-
V, 451-452.

 

M. Tezuka, H. Taira, Y. Igarashi, K. Yagasaki, and T. Ono (2000)
   Properties of Tofus and Soy Milks Prepared from Soybeans Having Different
    Subunits of Glycinin.  J. Agric. Food Chem. 48: 1111-1117.
 (JF990560L)

小野伴忠,郭 順堂 (1999)
ダイズ製品中脂質の安定性. 化学と生物 37: 290-292.

小野伴忠 (1999
 牛乳と豆乳におけるタンパク質会合体. New Food Industry 41: 65-78.

S.T. Guo, T. Ono and M. Mikami (1999)
 Incoporation of soy milk lipid into coagulum by addition of calcium chloride.
 J. Agric. Food Chem. 47: 901-905. (jf9805247)

S.T. Guo, T. Ono and M. Mikami (1997)
 Interaction between protein and lipid in soybean milk at elevated temperature.
 J. Agric. Food Chem. 45: 4601-4605. 

T. Ono, M. Takeda, and Guo S.T. (1996)
 Interaction of protein particles with lipids in soybean milk.
 Biosci. Biotech. Biochem. 60: 1176-1169.

手塚正教,小野伴忠,伊東哲雄 (1995)
 品種の異なるダイズから調製した豆乳の性質
 食工誌 42: 556-561.

小野伴忠 (1995)
 大豆タンパク質と凝固反応の基本
 大豆と技術 15(春季号): 64-68.

T. Ono, S. Katho and K. Mothizuki (1993)

   Influences of calcium and pH on protein solubility in soybean milk.

   Biosci. Biotech. Biochem. 57: 24-28.


小野伴忠 (1992)
 
豆乳中成分の存在形態と豆腐ゲル形成について.
 
ディリーフード 12
(春季増刊): 28-33.


T. Ono, M. R. Choi, A. Ikeda and S. Odagiri (1991)

  Changes in the composition and size distribution of soymilk protein

  particles by heating.  Agric. Biol. Chem. 55: 2291-2297.


 戻る

 

豆乳・豆腐に関するもの(発表) 2001-2016年=      Home


小野伴忠 (2015)
 
豆腐および豆乳のための豆乳コロイドの生成

 日本食品科学工学会第62回大会講演集 :174 (京都)8

小野伴忠 (2012)
 豆腐の科学−大豆を安全な健康食品へ−
 臨床科学,41, Supp.1, 81 (2012).
 第52回臨床化学会年次学術集会 (盛岡)9月.

小野伴忠 (2010)

大豆から豆乳・豆腐が生成する機構とそれに影響を与える諸因子

日本豆乳協会技術研修講演会,(東京)7月.

 

Tomotada Ono (2010)

   Science of tofu

   2010中国国際大豆食品技術展示会, (上海) 5.

 

熊谷ゆかり、川村あさひ、小野伴忠 (2009)

    加熱による大豆中脂質の安定化機構と食品利用について

    日本食品科学工学会平成21年度東北支部大会講演要旨集p.19, (八戸) 12.

 

近江美郷、藤村名央、陳 業明、小野伴忠 (2009)

    豆乳調製時におけるカルシウム添加が豆乳・豆腐へ与える影響

    日本食品科学工学会平成21年度東北支部大会講演要旨集p.20, (八戸) 12.

 

柴田郁、山口真右、小林多賀子、間山創、中川美智子、小野伴忠 (2009)

     豆腐の物性値と食感およびおいしさの関係

   日本食品科学工学会平成21年度東北支部大会講演要旨集p.21, (八戸) 12.

 

陳 業明,小野伴忠 (2009)

  豆乳中粒子状タンパク質の構造と湯葉形成における役割

    日本農芸化学会東北支部第144回大会講演要旨集:27(岩手大),10.

 

山口真右,中里勝彦,小野伴忠 (2009)

  豆腐形成におけるオイルボディ、粒子状タンパク質、可溶性タンパク質の役割

  日本農芸化学会東北支部第144回大会講演要旨集:27(岩手大),10.

 

T. Ono (2009)     Plenary 4-1

  New Techniques induced from traditional soybean products and new technology of soybean process.

    World Soybean Research Conference VIII, Abstracts,104, Beijing, China, August 10-15. 

 

Y.M. Chen, T. Ishiguro and T. Ono  (2009)

    The stability mechanism of protein by heating in soymilk processing.

   World Soybean Research Conference VIII, Abstracts, 200, Beijing, China, August 10-15.

 

 S. Yamaguchi,  K. Nakasato, and T. Ono (2009)

Network structure and physical properties o f the tofu prepared from non-fat soybean powder and various oils.

World Soybean Research Conference VIII, Abstracts, 103, Beijing, China, August 10-15

 

石黒貴寛,村澤久司,小野伴忠 (2009)

  大豆経時変化による凍り豆腐加工適性への影響

  日本食品科学工学会第56回大会講演集 :138 (名古屋)9月.

 

 陳 業明,小野伴忠 (2009)

   湯葉形成にoil bodyとタンパク質の役割

   日本食品科学工学会第56回大会講演集 :139 (名古屋)9月.

 

.山口真右,中里勝彦,小野伴忠 (2009)

    オイルボディ様粒子表面タンパク質組成の還元豆腐物性への影響

     日本食品科学工学会第56回大会講演集 :139 (名古屋)9月.

 

 田山一平,石黒貴寛,佐藤史華,大内りえ,小野伴忠,喜多村啓介,塚本知玄 (2009)

   日本の大豆遺伝コレクションのフィチン酸含量

     日本食品科学工学会第56回大会講演集 :140 (名古屋)9月.

 

 小野伴忠(2009                               (研究小集会)

    大豆製品と大豆成分の関係について

    日本食品科学工学会第56回大会講演集 :161 (名古屋)9月.

 

 山口真右,中里勝彦,小野伴忠 (2009)

  豆腐形成におけるオイルボディ、粒子状タンパク質、可溶性タンパク質の役割

  日本農芸化学会東北支部第144回大会講演要旨集:27(岩手大),10.

 

 陳 業明,小野伴忠 (2009)

  豆乳中粒子状タンパク質の構造と湯葉形成における役割

    日本農芸化学会東北支部第144回大会講演要旨集:27(岩手大),10.

 

 熊谷ゆかり、川村あさひ、小野伴忠 (2009)

    加熱による大豆中脂質の安定化機構と食品利用について

    日本食品科学工学会平成21年度東北支部大会講演要旨集p.19, (八戸) 12.

 

近江美郷、藤村名央、陳 業明、小野伴忠 (2009)

    豆乳調製時におけるカルシウム添加が豆乳・豆腐へ与える影響

    日本食品科学工学会平成21年度東北支部大会講演要旨集p.20, (八戸) 12.

 

柴田郁、山口真右、小林多賀子、間山創、中川美智子、小野伴忠 (2009)

     豆腐の物性値と食感およびおいしさの関係

   日本食品科学工学会平成21年度東北支部大会講演要旨集p.21, (八戸) 12.

 

T. Ono, Y. Onodera, Y. Chen , K. Nakasato (2008)

    Changes of tofu structure and physical properties in coagulant concentration

     236th ACS National Meeting & Exposition,  Philadelphia, USA, August 17 - 21.

 

K. Toda, K. Chiba, K. Yagasaki, K. Takahashi, T. Ono (2008)

   Soybean components affecting physicochemical properties of soymilk, coagulation reactivity and   tofu texture

    236th ACS National Meeting & Exposition,  Philadelphia, USA, August 17 - 21.

 

Y. Chen, T. Ono  (2008)

   The interaction of oil body and protein in soymilk making

    236th ACS National Meeting & Exposition,  Philadelphia, USA, August 17 - 21.

 

業明、石黒貴寛、小野伴忠 (2008)

     豆乳中タンパク質の存在状態

    日本食品科学工学会平成20年度東北支部大会講演要旨集p.15, (山形)10

 

山口真右、小野伴忠 (2008)

     脱脂大豆粉から調製した豆腐のネットワーク構造について

   日本食品科学工学会平成20年度東北支部大会講演要旨集p.14, (山形)10

 

小野伴忠   (2008)                       (シンポジウムB-4

タンパク質の加熱による安定化 

日本食品科学工学会第55回大会講演集 :48 (京都)9月.

 

山口真右、中里勝彦、小野伴忠  (2008)            2Ha4)

還元豆腐の物性値への油脂の影響

日本食品科学工学会第55回大会講演集 :78 (京都)9月.

 

鈴木幸朗、小菅美沙子、小野伴忠 (2008)           2Ha2)

  加熱しぼり法により豆乳中に増加したCaの豆乳・豆腐への影響

    日本食品科学工学会第55回大会講演集 :78 (京都)9月

 

陳 業明、吉田知実、石黒貴寛、小野伴忠(2008)    2Ha1)

  タンパク質組成が豆乳中のタンパク質の会合状態に与える影響 

  日本食品科学工学会第55回大会講演集 :78 (京都)9月.

 

陳 業明、阿部健一、藤原敦子、小野伴忠(2008)

  豆乳調製に伴うoil body の変化

    日本農芸化学会2008年度大会講演要旨集:300(名古屋),3

 

山口真右、村上晃子、小野伴忠 (2008)

    還元豆乳、豆腐の調製とそれらの性質

    日本農芸化学会2008年度大会講演要旨集:300(名古屋),3月.

 

陳業明、中里勝彦、小野伴忠(2007)

  豆乳構成成分に対する長時間加熱の影響

    日本食品科学工学会平成19年度東北支部大会講演要旨集 (仙台)12月.

 

小野伴忠(2007)

大豆加工における成分相互作用の解明と応用に関する研究

日本食品科学工学会平成19年度東北支部大会講演要旨集 (仙台)12月.

 

許秀頴、小菅美沙子、石黒貴寛、小野伴忠(2007)

     豆乳調製法(加熱、生しぼり)がオイルボディに与える影響

     日本食品科学工学会第54回大会講演集 :103 (福岡)9月.

 

陳業明、中里勝彦、小野伴忠(2007)

脂質の湯葉形成への影響

日本食品科学工学会第54回大会講演集 :103 (福岡)9月.

 

小野伴忠(2007)

大豆加工における成分相互作用の解明と応用に関する研究

日本食品科学工学会第54回大会講演集 :2-3 (福岡)9月.

 

小野伴忠(2007)

    大豆成分と豆乳・豆腐の性質

  平成19年度豆腐協会総会講演,(箱根),5月

 

Tomotada Ono, Mituhiko Takamatu (2007)

The stabilization of oil emulsion by using soybean protein.

98th AOCS annual meeting & expo, Abstracts, 138,  (Canada Qubec), May.

 

石黒貴寛、小野伴忠 (2006)

豆乳中フィチンの豆腐カード形成時におけるタンパク質への結合、および豆腐カード物性への影響,

日本農芸化学会北海道支部・東北支部合同支部会及び21世紀COEプログラム発表会講演要旨:67(札幌),11月.

 

内沢秀光、奈良岡哲志、小野伴忠 (2006)

シジミ(Corbicula Japonica)抽出液から分離精製されたオルニチン含有新規トリペプチド(-Ala-Orn-Orn)

 日本農芸化学会北海道支部・東北支部合同支部会及び21世紀COEプログラム発表会講演要旨:72(札幌),11月.

 

小野伴忠,西谷聡美,中里勝彦 (2006)

   豆腐形成における脂質の役割について

   日本食品科学工学会平成18年度東北支部大会講演要旨集6 (盛岡)10月.

 

石黒貴寛,小野伴忠,舘澤公昭 (2006)

      豆乳中タンパク質とフィチンの結合

      日本食品科学工学会第53回大会講演集 :124 (藤沢)8月.

 

小野寺譲,中里勝彦,小野伴忠 (2006)

   大豆タンパク質組成と凝固剤濃度が豆腐品質に与える影響

   日本食品科学工学会第53回大会講演集 :124 (藤沢)8月.

 

林都香,大井道子,小野伴忠(2006)

     豆腐形成凝固剤濃度に与えるKClの影響

     日本食品科学工学会第53回大会講演集 :124 (藤沢)8月.

 

都香, 佐藤 奈奈, 小野 伴忠 (2006)

     豆乳評価法の検討−粒子タンパク質の簡易測定法

     日本農芸化学会2006年度大会講演要旨集:56(京都),3月.

 

小野寺 , 中里 勝彦, 小野 伴忠 (2006)

   豆腐構造と物性値の関係について

   日本農芸化学会2006年度大会講演要旨集:56(京都),3月.

 

石黒 貴寛, 小野寺 , 小野 伴忠 (2006)

     豆乳中フィチン濃度がGDL豆腐物性に与える影響

     日本農芸化学会2006年度大会講演要旨集:56(京都),3

 

小野寺譲,中里勝彦,小野伴忠 (2005)

     豆腐の品質評価と保水率について

     日本食品科学工学会東北支部大会講演要旨集 :17 (青森),11月.

 

石黒貴寛,舘澤公昭,小野伴忠 (2005)

     豆腐形成におけるフィチンの影響

     日本食品科学工学会東北支部大会講演要旨集 :19 (青森),11月.

 

小野伴忠 (2005)

   Tofu formation mechanism from soybean.

   中国吉林農業大学学術交流講演 (吉林市)9月.

 

小野伴忠 (2005)

   豆乳,豆腐の性質と大豆の成分について

     日本食品科学工学会第52回大会講演集 :44 (札幌)8月.

 

小野伴忠,高倉美鶴 (2005)

   牛乳カード形成における脂質とタンパク質の結合

     日本食品科学工学会第52回大会講演集 :155 (札幌)8月.

 

小野寺譲、中里勝彦、小野伴忠 (2005)

   豆腐カード品質評価法の検討

   日本食品科学工学会第52回大会講演集 :157 (札幌)8月.

 

石黒貴寛、小野伴忠 (2005)

 豆腐カード形成時のタンパク質とフィチンの結合

 日本食品科学工学会第52回大会講演集 :157 (札幌)8月.

 

神谷勇一郎,早川喜郎, 小野伴忠  (2005)

   大豆タンパク質凝集に及ぼす多価アニオンの影響

     日本食品科学工学会第52回大会講演集 :158 (札幌)8月.

 

Mahfutz Abdullah Al, 大場萌子、河原木路子、塚本知玄、小野伴忠

 Perceved astringency in soymilk and tofu curd: Prediction and development.

 日本食品科学工学会第52回大会講演集 :158 (札幌)8月.

 

佐藤奈奈,石黒 貴寛, 小野 伴忠 (2005)

    豆乳調製のおけるタンパク質の役割

    日本農芸化学会2005年度大会講演要旨集:262 (札幌),3月.

 

石黒 貴寛, 塚本 知玄,小野伴忠 (2005)

    大豆中フィチンが豆乳タンパク質の形態に与える影響

    日本農芸化学会2005年度大会講演要旨集:263 (札幌),3月.

 

Mahfuz Abdullah Al, Chigen Tsukamoto, Tomotada Ono (2005)

    Changes of Astringent Sensation of Soy Milk during Tofu Curd Formation.

    日本農芸化学会2005年度大会講演要旨集:267(札幌),3月.

 

小野伴忠、中山恵里 (2004)

     豆乳に与える加熱履歴の影響

    日本食品科学工学会東北支部大会講演要旨集 :9 (秋田), 11.

 

内沢秀光,奈良岡哲志,小野伴忠 (2004)

シジミ低温処理によるオルニチンの生成と新規トリペプチド

日本食品科学工学会第51回大会講演集 :52 (盛岡), 9.

 

神谷勇一郎,早川喜郎, 小野伴忠  (2004)

  フィチン除去した大豆タンパク質のカルシウムによる凝集抑制効果

    日本食品科学工学会第51回大会講演集 :83 (盛岡), 9月.

 

魚住 惠, 塚本知玄, 小野伴忠(2004)

    大豆茹で汁に含まれる植物性食品の加熱軟化促進因子とその利用

    日本食品科学工学会第51回大会講演集 :84 (盛岡), 9.

 

石黒 貴寛, 塚本 知玄, 小野 伴忠 (2004)

    モリブデンブルー法を応用した大豆製品中フィチンの迅速定量法

  日本食品科学工学会第51回大会講演集 :83 (盛岡), 9月.

 

T. Ono and S.T. Guo (2004)

     Why the oil in tofu (soybean curd) is extremly stable ?,

Abstruct of 95th  AOCS annual meeting and expo, Cincinati, Ohio, USA.

 

T. Ishiguro; K. Nakasato; C. Tsukamoto and T. Ono  (2004)

   Rapid measurement of phytate in soy products by mid-infrared spectroscopy

   Abstructs of contributed papers and Posters in ISPUC-W, 60, Brazil.

 

K.Nakasato; M.Takamatsu; C.Tsukamoto; and T.Ono (2004)

   Rapid Quantitative Analysis of Major Components in Soymilk by Using

Fourier-transform Infrared Spectroscopy (FT-IR)

   Abstructs of contributed papers and Posters in ISPUC-W, 60, Brazil.

 

小野 伴忠、郭 順堂、塚本 知玄、矢ヶ崎 和宏、高橋 浩司 (2004)

    豆乳タンパク質組成が豆腐形成に与える影響について

    日本農芸化学会2004年度大会講演要旨集:83 (広島),3月.

 

石黒 貴寛、塚本 知玄、小野 伴忠 (2004)

    豆乳中可溶性タンパク質の形態

    日本農芸化学会2004年度大会講演要旨集:83 (広島),3月.

 

中里勝彦・和田崇寛・塚本知玄・小野伴忠 (2004)

    各種大豆から調製した豆乳の成分含量と形成される豆腐カード物性との関係

    日本農芸化学会2004年度大会講演要旨集:83 (広島),3月.

 

A. Al Mahfuz, T. Ohba, C. Tsukamoto and T. Ono (2004)

    An exploration of the factors influencing the liberation of phytate from tofu curd and

contributing to the tofu's taste.

   日本農芸化学会2004年度大会講演要旨集:81(広島),3月.

 

.中里勝彦, 高松通光, 塚本知玄, 小野伴忠(2003)

    赤外分光法(FT-IR)を用いた豆乳中脂質の簡便定量法

    日本食品科学工学会東北支部大会講演要旨集 :16(仙台), 10.

 

石黒貴寛, 中里勝彦, 塚本知玄, 小野伴忠(2003)

    大豆製品中フィチンの迅速定量法

    日本食品科学工学会東北支部大会講演要旨集 :17(仙台), 10.

 

塚本知玄,浅野浩正,小野伴忠

生乳輸送における衛生管理と品質変化−タンクローリーとソフトタンクシステムとの比較

日本食品衛生学会第86回学術講演会要旨集:P-46(盛岡), 10月.

 

小野伴忠 (2003)

食品加工と健康−伝統食品豆腐に見る安全の仕組み−

第6回日本補完代替医療学会学術集会抄録集:31(仙台),10月.

 

福田耕介,塚本知玄, 小野伴忠(2003)

    豆腐カード形成におけるタンパク質の役割

    日本農芸化学会東北支部大会講演要旨集:39(弘前),10 月.

 

A. Al Mahfuz, C. Tsukamoto, T. Ono (2003)

    Relation of free phytates and objectable astringent taste of curd

    日本農芸化学会東北支部大会講演要旨集:40(弘前),10 月.

 

千葉恭子,鳥丸亮,戸田恭子,塚本知玄, 小野伴忠  (2003)

生しぼり豆乳と加熱しぼり豆乳の性質の違いについて−その2

    日本食品科学工学会第50回大会講演集 :60 (東京), 9月.

 

中里勝彦,和田崇寛,塚本知玄, 小野伴忠  (2003)

豆腐カード形成における豆乳中のタンパク質・脂質最適条件の検討

    日本食品科学工学会第50回大会講演集 :60 (東京), 9月.

 

高松通光,塚本知玄, 小野伴忠,岡野 淳  (2003)

大豆タンパク質を用いた安定な油滴の調製

    日本食品科学工学会第50回大会講演集 :61 (東京), 9月.

 

石黒貴弘, 杉澤由美子,塚本知玄, 島田信二, 小野伴忠 (2003)

   豆乳フィチン酸濃度は豆腐カード物性に影響を与える

   日本農芸化学会2003年度大会講演要旨集:205 (東京),4月.

 

A. Al Mahfuz, A. Suzuki, C. Tsukamoto, T. Ono (2003)

    EFFECT OF PHYTATE ON THE TASTE OF SOYFOOD

   日本農芸化学会2003年度大会講演要旨集:205 (東京),4月.

 

小野 伴忠、藤原 敦子、三浦 吾希子、塚本 知玄 (2003)

    豆乳・豆腐の性質に与える調製時磨砕強度の影響

    日本農芸化学会2003年度大会講演要旨集:205 (東京),4月.

 

小野伴忠  (2003)

  豆乳からどのようにして豆腐ができるのか

    豆腐製造技術講演会 (岩手県工業技術センター),2月.

 

石黒 貴寛,榎内 俊哉,中里 勝彦,塚本 知玄,小野 伴忠 (2002)

    豆乳中フィチン酸の迅速定量法

    日本農芸化学会2002年度大会講演要旨集:17 (仙台),3月

 

吉田 知実,塚本 知玄,高橋 浩司1,矢ヶ崎 和弘2,小野 伴忠 (2002)

    豆乳凝固における豆乳中粒子の変化

    日本農芸化学会2002年度大会講演要旨集:17 (仙台),3月

    (1作物研究所,2長野県農試)

 

小野 伴忠,郭 順堂1,塚本 知玄,矢ヶ崎 和宏2,高橋 浩司3 (2002)

    豆腐カードの形成メカニズム

    日本農芸化学会2002年度大会講演要旨集:17 (仙台),3月

   (1中国農業大学,2長野県農試,3作物研究所)

 

小野伴忠、郭 順堂、塚本知玄 (2001)

豆腐形成とタンパク質

第7回豆類利用研究会講演要旨集:22-23(秋田),11

 

塚本知玄、小野伴忠 (2001)

    豆腐の味

    第7回豆類利用研究会講演要旨集:20-21(秋田),11

 

泉賢太郎、塚本知玄、小野伴忠 (2001)

大豆より調製したオイルボディの性質とその再構成

  日本農芸化学会東北支部大会講演要旨集:(3) 13(鶴岡),10

 

石黒貴寛、榎内俊哉、中里勝彦、塚本知玄、小野伴忠 (2001)

  豆乳中フィチン酸の赤外分光法による定量法

   日本食品科学工学会東北支部大会講演集 :14 (秋田),10

 

.伊藤 正、中里勝彦、塚本知玄、小野伴忠 (2001)

     豆腐硬度に影響を与える因子について

   日本食品科学工学会東北支部大会講演集 :15 (秋田),10

 

中里勝彦,石黒貴寛,塚本知玄,小野伴忠 (2001)

    赤外分光法(FT-IR)を用いた豆乳の成分組成および含量の測定

    日本食品科学工学会第48回大会講演集 :67(高松)9月

 

和田崇寛,塚本智玄,小野伴忠 (2001)

    豆乳中脂質の安定性とタンパク質

    日本食品科学工学会第48回大会講演集 :69(高松)9月

 

中里勝彦、塚本知玄、小野伴忠 (2001)

  赤外分光法(FT-IR)を用いた豆乳主要成分の迅速な含量測定

  日本農芸化学会東北支部例会講演要旨集:() 24(盛岡),7

 

吉田 知実,塚本 知玄,高橋 浩司 ,小野 伴忠 (2001)

  豆乳中脂質の分散状態におよぼすタンパク質の影響   

   農化 75 ()(講演要旨集):162(京都),3月

 

石黒貴寛、中里勝彦、塚本知玄、小野伴忠 (2001)

  赤外分光法を用いた豆乳中フィチンの定量法

   農化 75 ()(講演要旨集):46 (京都),3月

 

戻る