AFR研究会一覧


  名 称 代表者 目的




岩手育種談話会 高畑 義人
(岩手大学農学部)
岩手の植物育種に関する事業、研究等を行っている関係者間の研究交流情報交換等を行うことを目的とする。
雑穀栽培用農業機械の開発研究会武田 純一
(岩手大学農学部)
現在手作業で行われている雑穀の栽培を、効率的省力的な栽培を行うための 個人、汎用の農業機械の開発を目的としている。 これによって雑穀の栽培拡大・普及 、安定原料供給を目指す。
水稲栽培研究会 黒田 榮喜
(岩手大学農学部)
岩手県産米の品質・食味の向上、安定生産、低コスト栽培技術の構築などを通じて地域社会に貢献することを目的とする。
りんどう研究会高畑 義人
(岩手大学農学部)
りんどうを分子生物学的および細胞生物学的手法を用いて研究している研究者・技術者および交配手法等従来技術を用いて品種育種している個人育種家等の相互の情報交換を促進し、もって関連領域の研究活動を活性化し、地域におけるりんどうの振興に寄与すると共に会員相互の学術交流を図ることを目的とする。
イワテヤマナシ研究会 片山 寛則
(神戸大学大学院
農学研究科)
岩手の宝であるイワテヤマナシ(ミチノクナシ)を遺伝資源として蘇らせ、新たな利用方法を開発し、地域興への活用を図り、次の世代に引き継ぐことを目的とする。




岩手・木質バイオマス
研究会
伊藤 幸男
(岩手大学農学部)
この研究会は、木質バイオマス利用の普及を通じて、岩手の風土、地域性に根差した循環型社会の形成に資することを目的とする。
木勉会(木を勉強する会)関野 登
(岩手大学農学部)
森林・林業・木材産業・建築といった川上から川下までの相互理解を深め、 木材利用の活性化を通じて、健全な森林の育成・保全・利用の一助となることを目的とする。
木質資源総合利用
研究会
関野 登
(岩手大学農学部)
低炭素排出社会ならびに高炭素蓄積社会の構築には、木質資源の持続的かつ総合的な利用が重要となる。本研究会は、木質資源の利用拡大に向けて、構成員が関わる分野の技術課題や現状についての情報交換を行うとともに研究連携の基盤を醸成することを目的とする。