メンバー

授業
前期

修士課程:

植物分子生物学特論
時間割コード LTA9

 

学部:

General Plant Biology
時間割コード A106

 

Journal Club

November 2019
PIN FORMED 2(PIN2)が新しい亜ヒ酸トランスポーターを
発見した調査研究が Cell Press Journal の Plant Communicatons 
に掲載されました。著者と協力者の皆さん、おめでとうございます!!!
ダッカ、バングラデシュで開催された第4回IPFS-ICBHA国際学会で、
ラーマン博士が招待講演を行いました。
October 2019
文部科学書フェローのスマヤ・ジャナト・タパティさんが
博士号取得のために研究室に加わりました。学部生の 千田夏海さん、
畠山瑛児さんと 飯野雄飛さんが学部論文研究行ため研究室に
配属されました。皆さん、アビドゥール研究室へようこそ!!
September 2019
ラーマン.アビドゥール博士はバングラデシュのダッカで開催された、
Asia- Pcific Biosafety Association 主催の学会でCRISPR技術の
安全性について講演しました。
August 2019
ラーマン.アビドゥール博士はアメリカのサンノゼで開催された、
Plant Biology 2019 主催の学会で新しいセシウムトランスポーター
について講演しました。
July 2019
Sivan Kalyani博士が研究員として研究室に加わりました。彼はGNOM
遺伝子の編集を用いた耐寒性を持つトマトの開発に携わります。
Sivanさん、アビドゥール研究室へようこそ!!
毎年恒例の研究室バーベキューパーティーは今年、八幡平の
焼走りで開かれました。




 

岩手大学農学部植物生命科学科ー
アビドゥール研究室
植物ホルモン生物学
本研究室の主な研究内容は、最適条件下のもと様々なストレスを加え、植物の成長および発達におけるホルモン
制御機構を解明することです。このために、当研究室では主に植物ホルモンであるオーキシンに注目しています。
オーキシンは、胚形成から老化への植物の挙動に影響を与え、他のホルモンと複雑な相互作用を示します。
当研究室の研究についてより知りたい場合は、ここをクリックしてください
 
 
 
 
無料カウンター