岩手大学農学部植物生命科学科ー
アビドゥール研究室
 2022年3月:パービーン スマヤと半澤 綾は無事博士課程と修士課程を修了しました。おめでとうございます!!!半澤 綾は博士課程を引き続きこの研究室で続ける予定です。パービーン スマヤは4月から就職します。今後とも皆さんの健闘を祈ります! 2022年3月:寒冷ストレスとタンパク質輸送に関する招待レビューがPlantsに出版されました。 2021年6月:オーキシン、高温ストレス、そしてアクチンに関する我々の研究がIJMSに出版されました。2021年2月:カリウム被依存性セシウム輸送体を特定する我々の研究がCell press journal Molecular plant に出版されました。こちらの研究は国内外で多くのマスコミにより報道されました。著者方に祝福を申し上げます!
植物ホルモン生物学
本研究室の主な研究内容は、最適条件下のもと様々なストレスを加え、植物の成長および発達におけるホルモン
制御機構を解明することです。このために、当研究室では主に植物ホルモンであるオーキシンに注目しています。
オーキシンは、胚形成から老化への植物の挙動に影響を与え、他のホルモンと複雑な相互作用を示します。
当研究室の研究についてより知りたい場合は、ここをクリックしてください
logo-1
logo-2
arabi
生物学入門
時間割コード A007
General Plant Biology
時間割コード A105
後期
植物生理学実験
時間割コード B120
学部
前期
     授業
 修士課程:
植物分子生物学特論
時間割コード LTA9
  • 1
  • 2
  • css slideshow
  • 4
11 22 33 44
bootstrap slideshow by WOWSlider.com v9.0
counter free   
ニュース