会長挨拶

北水会TOP > 会長挨拶

ご挨拶

北水会会長 桑島 博

  ようこそ、北水会(岩手大学農学部同窓会)のホームページにおいで下さいました。

  本農学部の前進である盛岡高等農林学校が設立された明治35年(1902年)当時、東北地方では凶作が続き、冷害、凶作の克服が大きな社会問題となっておりました。そのため明治政府は、冷害に打ち克つ農業の基礎づくりと地域農業指導者の養成を図るため、日本で最初の農業専門学校である盛岡高等農林学校を開校させました。創立から百有余年、明治、大正、昭和、そして平成へと移りゆく中で、今や東北地方は日本の食糧生産基地として、重要な地位を占めるに至りました。

 この間、盛岡高等農林学校は盛岡農林専門学校(昭和19年)、岩手大学(昭和24年)と体制を変えながら、2万名余の卒業生を世に送り出しました。これらの人々は学術文化、産業、政治、行政など各方面で多彩な活躍を見せ、東北のみならず日本農業の振興と発展に多大な貢献を果たしてきました。

 “雨ニモマケズ”などの詩作で知られる宮澤賢治は大正7年農芸化学科の卒業生です。  

  盛岡高等農林学校以来の同窓会は、昭和27年岩手大学農学部の初の卒業生誕生を機に“北水会”と改称されて、今日に至っております。

 本同窓会はその時代、時代、母校の充実に協力しながら様々な支援活動を行ってきました。創立100周年(2002年)には数々の記念事業を実施しました。その中で、同窓会が創立25周年事業(昭和3年)として建設し、母校に寄付した会館の改修を行い、建設当時の雰囲気を残しつつ新しい内部設備を持つ“百年記念館”を新生させたことなどは、本同窓会の歴史をつなぐ感慨深い出来事です。現在、北水会事務局はこの百年記念館の一室にあって、同窓会を運営しております。

北水会会長 桑島 博