産業動物内科・生産獣医療科

担当:佐藤 繁、岡田啓司、一條俊浩
産業動物内科は、牛、馬、羊、山羊、豚など産業動物全般の疾病に関する診断と治療を行っています。原因の特定できない疾病に関しては、入院による精密検査も実施しています。生産獣医療科はOIE(世界獣疫事務局)が提唱した"家畜福祉の改善は家畜の健康と生産性を向上させる"という考え方を基本に、乳牛を中心とした牛群の栄養診断、飼養管理指導、および牛群総合管理を行っています。詳細については、お気軽にご相談ください。

産業動物

▲ このページの上部へ

臨床繁殖科

担当:高橋 透
牛および馬の繁殖障害に対する診療および繁殖検診を実施しています。牛においては近年、乳牛、肉牛を問わず人工授精実施率ならびに受胎率の低下が問題視されています。その原因は多様であり、また農家毎に異なっている場合も多々あります。繁殖科では個別の繁殖障害例に対する診療の他にも牛群単位での繁殖成績向上のための相談も受け付けています。
また、馬においては乗馬、競走馬、農耕馬を問わず、繁殖障害の診療、人工授精、妊娠診断も受け付けています。お気軽にご相談ください。

臨床繁殖

▲ このページの上部へ

専門外来診療科(胚移植)

担当:高橋正弘
一般診療所(NOSAI等)からのご依頼に応じて、成牛の胚移植(採卵、胚の回収・処理および移植)を行います。診療は臨床獣医師の先生方からの予約のみで、本学動物病院に牛を搬入頂ける場合に受付・予約が可能です。

専門外来

▲ このページの上部へ

産業動物診療科