猫の腎移植プログラム

腎移植とは?

慢性腎不全は猫において最も多く認められる疾患のひとつです。腎臓は左右1つずつあり、主に尿生成、身体の老廃物や有害物質の排泄、身体の水分調整の役割を担っています。さらに、血圧調整、赤血球の産生を促すホルモン分泌やビタミンDの活性化などの機能を有しています。そのような重要な機能が徐々に低下し、機能不全になった病態を慢性腎不全といいます。腎臓は一度壊れると元に戻りません。病状が末期に進行すると、治療法としては輸液療法や透析療法により延命を図るしかないのが現状です。猫の場合、体が小さく、ヒトの場合と同様に腹膜透析や血液透析を用いて長期間維持することは大変困難です。また透析治療ではホルモン分泌やビタミンDの活性化などの機能を補うことはできません。そこで、機能しなくなった本来の腎臓の機能を代替する治療法として腎移植術が位置付けられています。猫の腎移植は、米国では末期慢性腎不全に対する根治的治療法として確立されています。

腎移植

海外における腎移植実施施設に関する詳しい情報は下記のサイトをご参照ください。
Feline CRF Information Centerのネコの腎移植に関する情報ページ(英語)

これから説明する文章の中で出てくる言葉で、レシピエントとは腎移植を受ける猫、ドナーとは腎臓を提供してくれる猫のことを指します。

▲ このページの上部へ

腎移植を決断するタイミングは?

岩手大学動物病院ではおおよそ以下のように基準を設定しています。基礎疾患が無ければ年齢は特に大きな問題にはなりませんが、10歳以上ではそれ以下の場合と比較して術後生存率は若干悪くなる傾向が報告されています。

* 腎低形成や多発性嚢胞腎などを含む末期慢性腎不全(慢性腎臓病ステージ4:血清クレアチニン値>5.0mg/dl)に加えて、内科治療にもかかわらず臨床症状の改善が認められないケース(体重減少、食欲低下、貧血、 Ca/P アンバランスなど)。

▲ このページの上部へ

レシピエントについて

術前に下記の検査で腎不全以外に基礎疾患を持っていないことを確認する必要があります。
特に感染症は要注意です。過去に尿路感染等に罹患したことがある場合は、主要免疫抑制剤であるシクロスポリンを2週間ほど服用して感染が再発しないかを確認する必要があります(シクロスポリンチャレンジテスト)。また、ネコの性格によっては手術適応外となることがあります(とてもシャイな場合)。

 検査項目
  1. 血液検査
  2. 尿検査
  3. 猫エイズ/猫白血病/FIPウイルス検査
  4. 血液型検査
  5. 心機能検査
  6. 腹部の検査
  7. 甲状腺検査

▲ このページの上部へ

ドナーについて

腎臓は通常2つありますので、そのどちらか一方をドナーから移植用腎臓として提供を受けます。ドナー猫の選択法は一般的には以下の2通りの方法があります。

A:実験・実習用として飼育された猫
小動物外科学教室にて飼育している実験・実習猫の中から、レシピエントと適合する猫を選択しますので、飼い主さんの意向は反映されません。実験・実習猫は常に飼育されているとは限りません。さらに、岩手大学動物病院では、レシピエント猫の飼い主は、ドナー猫をレシピエント猫と同じ愛情をもって飼育することを義務化しています。

B:飼い主さんが飼育する同居猫
この場合には、腎臓提供可能かどうかの検査を実施しパスすることができればドナーとなることができます。腎臓提供後、腎臓が一つになった状態でも猫では腎機能の変化はあまりみられないと海外で報告されていますが、ドナー猫においても定期的な機能検査を実施する必要があます。

▲ このページの上部へ

本院における腎移植治療のコンセプト

本院では、ドナー&レシピエント両者の生活の質(QOL)の向上を基本コンセプトとしています。

腎移植治療のコンセプト


▲ このページの上部へ

腎移植手術について

腎移植は末期慢性腎不全に対する唯一の根治的治療法と考えられています。
まずドナーから腎臓を一つ取り出す手術を実施します。ドナーから摘出された腎臓は臓器保存液(リン酸緩衝ショ糖液)で灌流・冷却保存されます。

腎移植

こうすることで摘出後5時間くらいまでは移植腎の状態を良好に保つことができます。ドナーは術後経過に問題がなければ術後3日程度で退院となります。
次にレシピエントの手術となります。移植される腎臓はレシピエントの腹部背側におかれ、本来の腎臓は可能な限りそのままの状態で残します。こうすることで仮に移植した腎臓が機能しなかった場合でも命をつなぐことができます。レシピエントは移植した腎臓が安定するまで岩手大学動物病院において飼育管理させていただくこととなります。
腎移植

移植した腎臓は永久に機能するものでもありません。獣医学領域における臓器移植医療は未だ開拓中の分野であり、予測できない事態が発生する場合があり、手術を行ったとしても術中に死亡する場合や生存期間を延長できない場合がある事をご理解ください。

▲ このページの上部へ

手術後の管理について

移植手術後は、拒絶反応を抑えるために一生涯免疫抑制剤(シクロスポリンとステロイド剤)を内服しなければなりません。一般的には1日2回の薬剤投与になりますが、1日1回投与に変更することも可能です。退院後は免疫抑制剤の効果、移植した腎臓の機能状態、そして全身状態を把握するために定期的な検査が必要となります。初めのうちは1週間に一回、その後徐々に間隔を延ばしていき最終的に3ヶ月〜6ヶ月に一回の間隔まで延ばしていきます。

▲ このページの上部へ

術後合併症について

猫の腎臓血管はとても小さいため(腎動脈:直径約1mm、腎静脈:直径約3mm)、移植手術は手術顕微鏡を使ったとても細かい手術となります。したがって、手術後に血栓栓塞症などの術後合併症を引き起こし、移植腎が機能しなくなることがあります。
前述の通り、移植後は一生涯の免疫抑制剤投与が必要となります。薬の投薬を怠った場合には、急性拒絶反応を起こして移植した腎臓が機能できなくなってしまいます。
下記に術中術後に考えられる主な合併症を示します。

 主な術後合併症
  1. 高血圧症
  2. 尿管狭窄
  3. 血栓栓塞症
  4. 移植腎捻転による虚血壊死
  5. 移植腎の機能遅延
  6. 急性シクロスポリン毒性(免疫抑制剤の毒性)
  7. 拒絶反応(急性、慢性)
  8. 感染症(致死的な事もある)
  9. 腫瘍(約10%;リンパ腫、扁平上皮癌等)
  10. 糖尿病

▲ このページの上部へ

手術成績

猫における腎移植は、米国では1980年代に末期腎不全に対する治療法として臨床導入されてから20年が経過しようとしています。米国では約6大学施設で実施されています。その治療成績は、2008年の統計(腎移植猫60頭)によると、6ヶ月生存が65%、3年生存が40%と報告されています。今現在、本邦において猫の腎移植をアクティブに実施している施設はわずか数施設です。

腎移植

▲ このページの上部へ

手術にかかるコスト

今現在はプログラムが立ち上がったばかりですので、治療コストについては担当医までお問い合わせください。

▲ このページの上部へ

問い合わせ

腎移植に関してご質問などあれば下記アドレスまでご連絡下さい。(すぐにお返事ができない場合もありますが、ご了承ください)

片山 泰章(かたやま まさあき)
岩手大学農学部獣医学課程 小動物外科学教室 
E-mail: masaaki@iwate-u.ac.jp
Tel: 019-621-6238 (岩手大学動物病院)

▲ このページの上部へ



【参考文献】
  1. Effects of Multiple Oral Dosing of Itraconazole on the Pharmacokinetics of Cyclosporine in Cats. Katayama,M., Katayama,R., Kamishina,H. J.Feline.Med.Surg. 2010 (in press)
  2. Fluconazole Decreases Cyclosporine Dosage in Renal Transplanted Dogs. Katayama,M., Igarashi,H., Fukai,K., Tani,K., Monota,Y., Kamishina,H., Tagawa,M. Res.Vet.Sci. 2010 (in press)
  3. Effect of Multiple Oral Dosing of Fluconazole on the Pharmacokinetics of Cyclosporine in Healthy Beagles. Katayama M, Igarashi H, Tani K, Nezu Y, Harada Y, Yogo T, Hara Y, Aoki S, Tagawa M.  J Vet Med Sci., Jan;70(1):85-88, 2008
  4. Metastable Tolerance to Rhesus Monkey Renal Transplants is Correlated with Allograft TGF-beta 1+CD4+ T Regulatory Cell Infiltrates. Torrealba,J., Katayama, M.(共同筆頭著者), Fechner,J.H., Jankowska-Gan,E., Kusaka,S., Xu,Q., Schultz,J.M., Oberley,T.D., Hu,H., Hamawy,M.M., Jonker,M., Wubben,J., Doxiadis,G., Bontrop,R., Burlingham,W.J., Knechtle,S.J. J.Immunol. 172(9):5753-64. 2004. 
  5. Monotherapy with A Novel Anti-CD154 Monoclonal Antibody, ABI793, Provides Long-Term Renal Allograft Survival in Nonhuman Primates. Kanmaz T, Fechner JH, Torrealba J, Kim H, Dong y, Oberley T, Schultz JM, Katayama M, Dar W, Usbourne A, Schuler W, Hu H, Hamawy MM, Knechtle SJ. Transplantation. 27;77(6):914-20. 2004.
  6. Renal Transplantation in Cats: Patients Selection and Preoperative Management. Katayama,M., McAnulty,J.F.:, Compend.Contin.Educ.Pract.Vet., 868-73, Vol.24(11), 2002.
  7. Renal Transplantation in Cats: Techniques, Complication, and Immunosuppression, Katayama,M., McAnulty,J.F. Compend.Contin.Educ.Pract.Vet., 874-82, Vol.24(11), 2002.

▲ このページの上部へ

猫の腎移植プログラム

病気について