このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

センター長挨拶

ご挨拶

岩手大学農学部附属動物医学食品安全教育研究センター(FAMS)は,「健康な家畜の生産から加工・流通を経て食卓に至るまで」いわゆるFarm to Tableで食の安全・安心に関する科学を学際的・横断的に希求し,その成果を地域と世界に発信する拠点として,平成18年4月1日に設置されました。FAMSは現在4つの部門:企画調整部門,食の安全部門,動物生産部門および環境放射線衛生学部門で構成され,主に以下の活動を行っています。
(1) 動物性食品に関する分野横断的な卒後教育・学部教育の提供
(2) 地域密着型・問題解決型の動物性食品に関する研究推進
(3) 食品に関する学際的・横断的な教育研究拠点形成
(4) 放射線教育体系の構築

この中でも特に卒後教育には力を入れており,分野を問わず食に関わる人を対象にした「全体研修会」のほか,各分野の人を対象にした「部門別研修会」を企画調整部門を除く3部門で毎年開催しています。

近年,食の安全確保においてHACCP(Hazard Analysis and Critical Control Points)やGAP(Good Agricultural Practice)方式が国際標準となり,食に関する事業者にその導入が求められております。FAMSでは東北地域の関係団体とともに「東北農場HACCP研究会」を設立し,農場におけるHACCP導入に対する支援活動も行っています。また,岩手県内に所在する国,自治体,あるいは民間の試験研究機関等と「岩手Farm to Tableフォーラム研究会」を設立し,分野横断的な勉強会を定期的に開催するとともに,地域連携の推進にも努めています。

FAMSは昨年創立10周年の区切りを迎えたことから,外部の有識者の方に外部評価をしていただきました。その評価は概ね良好なものでしたが,卒後教育のテーマに消費者をより意識した企画を求められるなど,幾つかの課題も指摘されました。今後はこれらの改善を図りつつ,「Farm to Table」をキーワードに,教育,研究,ならびに社会貢献活動を充実してまいります。今後ともFAMSの活動にご理解と温かいご支援を賜りますようお願い申し上げます。

平成29年4月 FAMSセンター長 佐藤 至