このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

FAMSイベント情報



イベント開催情報

第4回東北農場HACCP研究会

日 時:平成29年12月2日(土)午後1時~5時
場 所:岩手大学 総合研究棟(生命系)7番講義室 (岩手県盛岡市上田18-8)
参加費:2,000円(テキスト代として)
お申し込み後、郵送で郵便局の払込取扱票をお送りいたします。

プログラム
基調講演「農場HACCP認証とJGAP認証について」
 独立行政法人家畜改良センター 茨城牧場 場長 白戸 綾子先生
事例報告
(1)「養豚農場における農場HACCP認証事例」
 株式会社やまはた 柏木農場 農場HACCP責任者 笹森 有先生
(2)「NOSAI山形における農場HACCP認証構築取組」
 NOSAI山形家畜診療研修所 所長 渡辺 栄次先生
(3)「酪農場における農場HACCP認証事例」
 ひらかわ牧場 社長 平川 賢一先生
フリーディスカッション

その他:【情報交換会について】
・日 時:12月2日(土)午後5時10分~7時
・場 所:岩手大学構内 Restaurant Kenji
・会 費:3,500円(当日徴収いたします)
参加申込:
参加申込書に、必要事項を記載し、FAXまたはEメールでお申し込みください。(締切:11月24日(金))
担 当:岩手大学農学部附属動物医学食品安全教育研究センター(FAMS)
盛岡市上田三丁目18-8  TEL:019-621-6108  FAX:019-621-6107
一條俊浩:ichijo@iwate-u.ac.jp 芳賀・岡田:fams@iwate-u.ac.jp

※詳細は、開催案内をご覧ください。







イベント開催報告

東京大学 食の安全研究センター
神戸大学 食の安全・安心科学センター
岩手大学 動物医学食品安全教育研究センター 共同開催フォーラム 開催報告


東京大学・神戸大学・岩手大学 三大学共同開催フォーラム「農場HACCP 食の安全のための農場衛生管理の高度化」が9月26日(金)に本学において開催されました。参加者は、公務員、農業関係者、食品関係事業者など約130名で、農場HACCPを推進している農林水産省からは星野先生(動物衛生課課長補佐)に、認証事業を担っている中央畜産会からは関谷先生(衛生指導部部長)にご講演いただいた他、農場HACCPへの取り組み事例や食肉処理でのHACCP、さらにグローバル化する経済の中での畜産経営の課題など、畜産業の未来にとって重要な話題が提供され、活発な討議が行われました。
また、フォーラム終了後には情報交換会が開催され、打ち解けた雰囲気の中、多くの参加者が交流を深めました。








過去のイベント情報

第3回東北農場HACCP研究会

日 時:平成28年10月8日(土)13:00~17:00
場 所:岩手大学 総合研究棟(生命系)7番講義室 (岩手県盛岡市上田18-8)
参加費:2,000円(テキスト代として)
お申し込み後、郵送で郵便局の払い込み伝票をお送りいたします。

プログラム
基調講演「農場HACCP認証審査のポイント」
 那須ET研究所 西貝 正彦先生
事例報告
(1)「大規模肉用牛農場における農場HACCP認証事例」
 NOSAI山形 家畜診療所 所長 渡辺 栄次 先生
(2)「養豚農場における農場HACCP認証事例」
 高橋とんとん診療所 院長 高橋 佐和子 先生
(3)「イセ食品株式会社における農場HACCP認証事例」
 イセ食品株式会社 品質保証室 アシスタントマネージャー 加瀬 貴教 先生
(4)「酪農場における農場HACCP認証事例」
 高橋とんとん診療所 院長 高橋 佐和子 先生
フリーディスカッション

その他:【情報交換会について】
・日 時:平成28年10月8日(土)午後5時10分~7時
・場 所:岩手大学構内 インシーズン(予定)
・会 費:3,000円(当日徴収いたします)
参加申込:
参加申込書に必要事項を記載し、下記担当までFAXまたはEメールでお申し込み下さい。(締切:9月29日(木))
担 当:岩手大学農学部附属動物医学食品安全教育研究センター(FAMS)
盛岡市上田三丁目18-8  FAX:019-621-6107
一條俊浩:ichijo@iwate-u.ac.jp 岡田早紀:fams@iwate-u.ac.jp

※詳細は、開催案内をご覧ください。




4大学共同開催フォーラム第5回 (12月3日・4日)

4大学共同開催フォーラム第5回
「食科学の近未来-守りと攻めの備えは万全か-」が開催されます。
詳細は下記のページをご覧ください。




岩手大学農学部附属動物医学食品安全教育研究センター
設立10周年記念講演会のご案内

このたび本学センターでは、岩手大学農学部附属動物医学食品安全教育研究センター設立10周年記念講演会「岩手大学農学部の組織改編と東北地域の食の安全教育 研究推進に向けて」を開催することとなりました。
ついては、下記のとおり記念講演会及び祝賀会を企画しましたので、ご案内申し上げます。 参加をご希望される方は、E-mailにて①所属、②氏名、③祝賀会参加の有無を明記の上、 FAMS事務局(fams@iwate-u.ac.jp)までお申込下さい。
(11月6日(金)締切)

  1. 岩手大学農学部附属動物医学食品安全教育研究センター
    設立10周年記念講演会
    • 日 時:平成27年11月11日(水)14:00~16:50(受付13:00~)
      場 所:岩手大学農学部附属農業教育資料館 2階講堂

    • ○記念講演
      食品安全委員会前委員長 熊谷 進 氏
      「食品安全委員会のリスク評価活動紹介と食糧生産地域の食品安全 教育・研究に期待すること」

    • ○水産学講演
      • 岩手大学教授、三陸水産研究センター長 田中 教幸 氏
      「これまでの研究成果と今後の研究方針(仮題)」
      • 岩手大学三陸水産研究センター准教授  石村 学志 氏
      「安全な水産食品になぜ、持続的漁業構築のための国際認証が必要か」
      • 岩手大学三陸水産研究センター助教   塚越 英晴 氏
      「これまでの研究、これからの研究-水産資源の増殖を目指して-」

  2. 祝賀会
    日 時:平成27年11月11日(水)17:00~18:00
    場 所:岩手大学構内 インシーズン
    会 費:3,000円(当日、受付にて徴収させていたきます。)



4大学共同開催フォーラム第5回 (12月3日・4日)

4大学共同開催フォーラム第5回
「食科学の近未来-守りと攻めの備えは万全か-」が開催されます。
詳細は下記のページをご覧ください。







第2回東北農場HACCP研究会

日 時:平成27年10月3日(土)13:00~17:00
場 所:岩手大学図書館2階 生涯学習・多目的学習室
参加費:無料(ただし、情報交換会に参加される方は参加費4,000円)
プログラム:
基調講演「農場HACCP認証の現状と課題」
講師 静岡県畜産研究所 上席研究員 赤松 裕久先生
事例報告 
(1)「農場HACCPにおける最新情報」
講師 (公社)中央畜産会 衛生指導部長 関谷 順一先生
(2)「大規模肉用牛農場における農場HACCP認証事例」
講師 (株)トップファーム総務部長 安永 淳先生
(3)「養豚農場における農場HACCP認証事例」
講師 (株)三沢農場 代表取締役 山崎 聖先生
 (株)三沢農場 HACCPチームリーダー 種市 正喜先生
(4)「岩手牧場における農場HACCP認証事例」
講師:(独)家畜会長センター岩手牧場 衛生課 大井 真紀子先生
(5)「農場HACCP認証における審査の流れとポイント」
講師:佐々木家畜衛生管理サービス 佐々木 和夫先生

フリーディスカッション
その他:【情報交換会について】
・日 時:平成27年10月3日(土)午後5時10分~7時
・場 所:岩手大学構内 インシーズン
・会 費:4,000円
参加申込:
参加申込書に必要事項を記載し、下記担当までFAXまたはEメールでお申し込み下さい。(締切:9月28日(月))
担 当:岩手大学農学部附属動物医学食品安全教育研究センター(FAMS)
盛岡市上田三丁目18-8  FAX:019-621-6107
一條俊浩:ichijo@iwate-u.ac.jp 伊藤洋美:fams@iwate-u.ac.jp




第1回東北農場HACCP研究会

日 時:平成27年2月21日(土)13:30~17:00
場 所:岩手大学農学部総合教育研究棟(生命系)7番講義室
参加費:無料(ただし、情報交換会に参加される方は参加費4,000円)
プログラム:
基調講演 「北海道農場HACCP研究会の活動と事例について」
講師 北海道農場HACCP研究会 会長 西村 雅明先生
事例報告 
(1)「東北(宮城県)における農場HACCP認証への取組」
講師 佐々木衛生管理サービス 佐々木 和夫先生
(2)「(株)サイボク東北牧場における農場HACCP認証への取組」
講師 (株)サイボク東北牧場 統括課長 菊田 俊一郎先生
(3)「NOSAI山形における農場HACCP認証への取組」
講師 NOSAI山形 家畜診療研修所 渡辺 栄次先生
(4)「岩手牧場における農場HACCP認証への取組」
講師 岩手牧場 衛生課 伊藤 愼知恵先生
フリーディスカッション

その他:【情報交換会について】
・日 時:平成27年2月21日(土)午後5時10分~7時10分
・場 所:岩手大学構内 インシーズン
・会 費:4,000円
参加申込:
参加申込書に必要事項を記載し、下記担当までFAXまたはEメールでお申し込み下さい。(締切:2月16日(月))
担 当:岩手大学農学部附属動物医学食品安全教育研究センター(FAMS)
盛岡市上田三丁目18-8  FAX:019-621-6107
一條俊浩:ichijo@iwate-u.ac.jp 伊藤洋美:fams@iwate-u.ac.jp




平成26年度 岩手県食の安全心リスクコミュニケーション
テーマ:「ノロウイルスによる食中毒・感染症対策を考えるシンポジウム」

昨年のノロウイルスによる食中毒の発生件数は、過去10年間で2番目に多くなっています。また、ノロウイルス食中毒は、感染した調理従事者から二次汚染を受けた食品が主な原因と考えられており、改めて食品衛生管理者及び施設の感染症対策の徹底が求められています。
県では、ノロウイルスによる健康被害について、基本的知識や具体的対策等を学んでいただき、食品衛生についての正しい知識の普及とともに、食中毒の発生、更には、施設における感染拡大を防止するため、シンポジウムを開催します。
あなたも、ノロウイルスによる食中毒について学び、近づく冬に備えませんか。

日 時:平成26年10月29日(水)13:30~16:00
会 場:ホテルメトロポリタン盛岡ニューウィング
4Fメトロポリタンホール南(盛岡市盛岡駅前北通2-27)
入場無料
参加申込:
電話、メール又はFAXにより、①氏名、②参加人数、③居住市町村名を添えて10/24(金)までに県庁・県民くらしの安全課までお申し込み下さい。
TEL:019-629-5385   FAX:019-629-5279   mail:AC0009@pref.iwate.jp
内容:
講演I 「ノロウイルスによる食中毒・感染症対策について」(仮題)
国立医薬品食衛生研究所管理部第4室 野田 衛 氏
講演II 「岩手県のノロウイルス食中毒発生状況等について」(仮題)
岩手県環境生活部民くらしの安全課職員
意見交換・質疑
【コーディネーター】岩手県環境生活部民くらしの安全課総括長 白岩 利惠子
【アドバイザー】講演講師

主 催:岩手県
お問合わせ:岩手県環境生活部 県民くらしの安全課(食の安全安心担当)
〒020-8570   盛岡市内丸10-1 TEL:019-629-5385(直通)




東京大学 食の安全研究センター
神戸大学 食の安全・安心科学センター
岩手大学 動物医学食品安全教育研究センター 共同開催フォーラム
テーマ:「農場HACCP ~食の安全のための農場衛生管理の高度化~」
期 日:平成26年9月26日(金)
(シンポジウム: 9:50-17:50/懇親会: 18:00-19:30)
会 場:岩手大学農学部総合教育研究棟(生命系) ぽらんホール
定 員: 180名
参加費: 無料 (懇親会参加の場合は、懇親会費4,000円)
参加申込:
参加希望の方は、件名を「三大学フォーラム参加申込」とし、(1)氏名、(2)所属・部署・役職、(3)E-mailアドレス、(4)懇親会参加の有無、を明記の上、fams@iwate-u.ac.jp宛にお申し込み下さい。
※定員の都合により、ご参加いただけない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

プログラム:
(1)農場HACCPの概要
星野和久 先生(農林水産省消費・安全局動物衛生課 課長補佐)
(2)農場HACCPの認証について
関谷順一 先生(中央畜産会衛生指導部 部長)
(3)山形県における農場の衛生管理高度化に向けた取組
渡辺 栄次 先生(山形NOSAI家畜診療研修所指導課 課長)
(4)農場HACCPシステムの構築とその成果
西村 雅明 先生(北海道HACCP研究会 会長)
(5)兵庫県でのHACCPの取り組み 特に食肉の衛生管理でのHACCPについて
友久 健二 先生(兵庫県食肉衛生検査センター 所長)
(6)TPP交渉下の畜産経営の課題-酪農を中心に-
志賀 永一 先生(帯広畜産大学地域環境学研究部門 教授)
(7)総合討論

主 催:東京大学大学院農学生命科学研究科 食の安全研究センター
   神戸大学大学院農学研究科 食の安全・安心科学センター
   岩手大学農学部 動物医学食品安全教育研究センター
お問合わせ:岩手大学農学部附属動物医学食品安全教育研究センター
〒020-8550 岩手県盛岡市上田3丁目18-8
http://news7a1.atm.iwate-u.ac.jp/~fams/
satoital@iwate-u.ac.jp (担当:佐藤至)




岩手大学公開講座
「みんな知らないお馬の獣医さんの仕事-競走馬から農耕馬まで-」
日 時:平成26年6月14日(土)13:00~16:20(12時開場)
場 所:岩手大学農学部総合教育研究棟(生命系) ぽらんホール
対 象:中・高校生、一般市民200名
受講料:無料
講 師:笠嶋 快周 先生(JRA中央競馬会総合研究所)
    山手 寛嗣 先生(盛岡動物医療センター)
    水野 修司 先生(NOSAI東南部)
    居在家義昭 先生(農学部共同獣医学科)




FAMS動物生産部門シンポジウム
  岩手大学農学部附属動物医学食品安全教育研究センター(FAMS)では、胎盤生理学の世界的な先導者であるカンザス大学、Michael J Soares研究所長よりご講演を頂くとともに、FAMS動物生産部門での牛の受胎に関する取り組みをご紹介するシンポジウムを下記の通り開催いたします。

テーマ:「妊娠成立の鍵を求めて」
開催日時:平成25年11月8日(金)15:00-18:00
開催場所:岩手大学総合教育研究棟(生命系)7番講義室 

特別講演: 17:00-18:00
『Adaptative mechanisms controlling hemochorial placentation』
Michael J Soares 教授 Director
Institute for Reproductive Health and Regenerative Medicine
(カンザス大学医学部)
研究講演: 15:00-16:40
1.「ウシ胚生存性の判定法」
居在家 義昭 研究員
2.「ウシ胎盤の血管新生制御機構について」
高橋 透 研究員
3.「着床・胎盤形成におけるHBEGF・ヘパラナーゼ系の役割」
木崎 景一郎 研究員
4.「胎盤に内在するレトロエレメントは着床の鍵か?」
橋爪 一善 研究員

対象: 教職員、学生、一般
参加料: 無料
主催: 岩手大学農学部附属動物医学食品安全教育研究センター(FAMS)
共催: 岩手Farm to Table フォーラム研究会、
  岩手大学共同獣医学科(V研セミナー)

連絡先:FAMS事務局 019-621-6108;fams@iwate-u.ac.jp







その他イベント情報

過去のイベント情報

5大学共同開催フォーラム第6回 (11月24日)のご案内

5大学共同開催フォーラム第6回
「食中毒のリスクを低下させる科学~食中毒の制御に向けた新たな取り組みの現状と展望~」が開催されます。
詳細は下記のページをご覧ください。

大阪府立大学 食品安全科学研究センターHP




食の安全・科学フォーラム2015
食の安全・科学フォーラム2015(主催:日本微生物学会ほか)が開催されます。