このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

食中毒 菌による食肉の汚染状況

厚生労 働省が実施した「食品の食中毒菌汚染状況調査」によると,馬刺や牛たたきの汚染率は低いものの,食肉の約6割に大腸菌の汚染がみられます。また,サルモネラやカンピロバクターは鶏肉の汚染率が高いことが特徴です。「肉には細菌がついているもの」と思い,食肉は十分に加熱して食べましょう。